楽しく為になる情報をお届けします!

ニラのプランターでの育て方!種蒔き・水遣り・肥料・株分け!

ニラ 育て方

ニラのプランターでの育て方!種蒔き・水遣り・肥料・株分け!近年、庭やベランダなどで 家庭菜園をする人が増えていますよね。

畑を借りて本格的に行っている人もいますが、意外とベランダでも様々な野菜が栽培できます。

 

特に、ニラはプランターでも育てやすいのでおすすめです。

 

自宅で野菜を育てていれば、新鮮なものを食べることができますし、安全性も高いですよね。

収穫してもまた生えてきますし、多年草なので上手に育てれば2~3年収穫が可能ですよ!

 

そこで、今回はニラのプランターでの育て方をご紹介します。

Sponsored Link

 

ニラのプランターでの育て方・種蒔き方法と時期は?

ニラは 初心者でも種から育てやすい野菜です。

3月から10月までの時期はいつでも育てることができますが、おすすめなのは春蒔きです。

 

そのまま定着させられますので、筋を付けて15cmの 条蒔きにするか、 ばら蒔きにしましょう。

種蒔きをしたら軽く土をかぶせて水をたっぷり与えます。

 

土が乾燥すると発芽しにくくなってしまうので、もみ殻を撒いたり、不織布をかけておいたりすると乾燥対策になります。

 

2~3週間ほどで芽が出てきますので、2~3回間引きをして丈夫なものを残します。

 

 

ニラのプランターでの育て方・日当たり・水遣り・肥料は?

ニラの育て方でポイントになってくるのは、 水遣りと間引き、追肥です。

 

水は表面の土が乾いたら、プランターの下から水が出てくるまでたっぷりあげましょう。

頻繁にあげるのではなく、乾いたらたっぷり上げるのがポイントです。

 

半日陰でも育つので。日当たりはそれほど重視しなくても大丈夫です。

 

葉がある程度伸びて来たら 間引きをします。

何度も行うのではなく1回で行うのがよいでしょう。

 

葉がちぎれないように根までしっかり引き抜きます。

 

追肥は9月と4月頃のニラの成長時期に少量行います。

元肥がたくさんある場合は、追肥しなくても大丈夫です。
 
ニラの栄養成分と効果・効能・カロリー・妊婦さんに良い?
 

 

収穫と株分けの方法は?

新葉が 20~30cmまで伸びたら随時収穫できます。

 

根から引っこ抜くのではなく、株元の少し上を刈り取りましょう。

こうすることでまた葉が伸びてきます。

 

8~9月頃になると花ニラが伸びてきます。

開花させると株が疲れてしまうので、つぼみのうちに収穫して食べましょう。

 

また長く楽しむためには 1年目は控えめに収穫します。

すると、根が育ち、数年楽しむことができるのです。

 

2年目からは2週間に1度くらいのペースで収穫できますよ。

 

冬場になったら枯れてくるので、伸びてくる葉はすべてカットしましょう。

4月になればまた新芽が出てくるのでそのまま放置します。

 

ニラはプランターの中で根が分裂してどんどん増殖します。

プランターがいっぱいになってくるので毎年 株分けをするのがおすすめです。

 

株分けは枯れてきた冬の間に行います。

掘り起こすと、根が分裂して束になっています。

 

1つ1つ手で剥がして分割し、5~10束にしてプランターに植え付けます。

種蒔きの時と同じように15cm間隔で植えましょう。

 

しっかり水遣りをすると、根付いて新鮮なニラを収穫できるようになりますよ!

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ