楽しく為になる情報をお届けします!

みかんの保存!常温・冷蔵・冷凍?ベランダに置くと長持ちする?

みかん 保存

みかんの保存!常温・冷蔵・冷凍?ベランダに置くと長持ちする?寒い季節といえば、こたつに みかんの団欒が最高ですよね。

なかには手が黄色に染まる「柑皮症」になるほど、みかんを食べる人もいますね。

 

ただ、ついつい段ボール一箱を大人買いして腐らせてしまい、残念な結果になってしまうことってありませんか?

1つ腐ってしまうと他にも影響するといわれるため、なるべくチェックしておきたいですね。

 

そこで、今回はみかんの保存で長持ちさせる方法をご紹介します。

Sponsored Link

 

みかんの保存・常温と冷蔵のどっち?

まず、大きなネットや段ボールで購入したら、入っているみかんの チェックをしましょう。

そして、傷んでいるものやカビの生えているものを見つけたら、すぐに取り出すことが大切です。

 

カビの生えたものを一緒に入れておくと、周りの状態の良いみかんにも影響が出て、すぐに腐ってしまいます。

 

保存の方法としては、常温・冷蔵・冷凍の3種類があります。

 

まず、常温保存ですが、基本的にはこの方法がよく、 2~3週間程度は長持ちします。

しかし、みかんにとっては5~10℃くらいが最適な温度なので、暑い夏などは冷蔵の方がおすすめです。

 

次に冷蔵保存ですが、こちらも2~3週間程度が目安となります。

カビを発生させないという点においては、冷蔵の方が長持ちはするのですが、ずっと入れておくと乾燥して、 酸味が強くなります。

 

それを少なくするために、ひとつひとつ新聞紙やキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫か野菜室に入れると長持ちします。

 

 

みかんの保存・ベランダに置いておくと長持ちする?

みかんは涼しいところが好きなので、多めに購入したら、みかんを出して家の中で 直射日光の当たらない涼しいところに保管して下さい。

 

ベランダなどの屋外は風邪通しもよいので、直射日光を避けられる場所に置くと、上手に保存する事ができます。

 

ただし、最低気温が0度を下回る時は凍ってしまう危険があります。

また、鳥などに狙われることもありますので、 頑丈なネットを被せておくことも重要ですね。

 

みかんの保存・冷凍の方法と期間は?

冷凍庫に入れて保存することもできます。

いわゆる 「冷凍みかん」と呼ばれるもので、駅や観光地のお店などで売られていますね。

 

冷凍にした場合、1~2ヶ月程度は長持ちさせることができます。

 

それでは、ここで 冷凍みかんの作り方をご紹介いたします。

1.まず、みかんを綺麗に洗います。

2.キッチンペーパー等でしっかり水気を拭き取ります。

3.金属のトレイの上に並べて、ラップを軽くかけて冷凍庫へ入れます。

4.凍ったら、取り出してさっと冷水に通し、またトレイにのせて冷凍庫へ入れます。

5.みかんの表面に氷の膜が出来たら完成です。

6.フリーザーバッグ等に入れて冷凍庫で保存します。

 
みかんのドライフルーツの作り方!保存や利用法、栄養価は?
 

 

ジャムにするとどのくらい長持ちする?

手作りジャムを少しでも長く持たせるには、 瓶詰めにして冷凍するのがおすすめです。

 

きちんと空気を抜いて滅菌した瓶詰めは、冷暗所に置けば常温で1年は持ちます。

しかし、家庭ではしっかり空気を抜き、滅菌する作業は大変かもしれませんね。

 

そこで有効なのが、瓶に詰めてから常温で冷まし、冷凍にする方法です。

これも軽く1年は持ちます。

 

この作業で大切なのが、ジャムの瓶詰め作業の前に瓶とふたの 煮沸消毒をし、できれば瓶詰め時に使うスプーンも同時に消毒しておくことです。

 

みかんは比較的長く楽しめる果物ですが、今の家屋は断熱性が高く、うかうかすると腐ってしまうことが多くなってきたように思います。

無駄にしないためにも、保存方法を工夫して最後までおいしくいただきたいですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ