楽しく為になる情報をお届けします!

いちじくの栄養成分と効果・効能・カロリー!ドライフルーツは?

いちじく 栄養

いちじくの栄養成分と効果・効能・カロリー!ドライフルーツは?夏から秋にかけて旬を迎える 「いちじく」

甘酸っぱくてとても美味しいのですが、若い人には馴染みが薄いかもしれませんね。

 

「不老長寿の果物」といわれるくらい栄養満点ですし、ドライフルーツであれば通年食べられますね。

美容や健康に意識の高い女性は、おやつなどに取り入れている人も多いそうです。

 

今回は、そんないちじくの栄養成分と効果・効能・カロリーについてご紹介します!

Sponsored Link

 

いちじくの栄養成分とカロリーは?

いちじくの実のほとんどは 水分でできています。

 

含まれる主な栄養成分として食物繊維が目立ちますが、β-カロテン、ビタミンC、葉酸の他、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄などのミネラルもバランスよく含まれています。

 

いちじくに含まれる食物繊維は 「ペクチン」という水溶性のもので、特に整腸作用が高いため便秘に悩む人におすすめです。

 

カリウムは、体内の塩分と水分のバランスを整える働きがあり、むくみの改善や高血圧の予防に役立ちます。

 

また、「フィシン」という分解酵素が含まれていて、消化促進や二日酔いの改善などにも効果を発揮します。

お酒を飲んだ後や、食べ過ぎてしまった時などにも有効ですね。

 

他にも、いちじくの果実から抽出される 「ベストアルデヒト」という成分には抗がん作用があることもわかっています。

 

尚、いちじくのカロリーは可食部分100gあたり54kcalほどで、やや高めといって良いですが、食べ過ぎなければ太る心配もないでしょう。

 

 

いちじくの女性に嬉しい効果・効能は?

まず 美容効果の高いフルーツとして、特に女性に人気がありますね。

 

食物繊維のペクチンには老廃物や不要な物質を絡め取り、体外に排出してくれる効果があるため、整腸作用による便秘解消のみならず、美肌作りにも有効です。

 

また、いちじくの種の部分には「植物性エストロゲン」が含まれています。

これは、大豆イソフラボンと同じように女性ホルモンを整える働きがあり、生理不順や生理痛、更年期障害などに効能を示す物質です。

 

さらに、果物類の中でも鉄分を豊富に含むため、女性の悩みとして多い 鉄欠乏性貧血などにも有効ですし、妊婦さんにもおすすめです。

カリウムの利尿作用もありますので、妊娠中にむくみが気になる女性の味方になってくれます。

 

ただし、カロリーは決して低くはなく、果糖も比較的多い部類に入りますので、適量で止めておかないとダイエットなどには逆効果となります。

 

 

ドライフルーツにすると栄養も変化する?

基本的に、どんな果物も ドライフルーツにすることで水分が抜けるため、栄養や糖分などが凝縮され、カロリーなどにも変化をもたらします。

 

いちじくの場合、100gあたり約300Kcalとなり、生で食べる時の5~6倍程度です。

 

生で食べるよりも満腹感が得にくいので、ついたくさん手を伸ばしてしまいますが、過剰摂取は太ったり、健康を損なう危険性もあります。

 

その他の栄養素も、水分が抜けることで凝縮されます。

たとえば、食物繊維は生だと100g当たり1.9gほどですが、ドライフルーツになると11gまで増加します。

カリウムやカルシウムなどのミネラルも、100gあたりの含有量が成分によっては5~20倍くらいに膨れ上がります。

効率よく栄養素を摂取したい場合は、少ない量でも補えるドライフルーツが手軽で便利です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ