楽しく為になる情報をお届けします!

ハンバーグがパサパサする原因!お弁当で冷めても固くならない作り方

ハンバーグ パサパサ 固くならない

ハンバーグがパサパサする原因!お弁当で冷めても固くならない作り方子どもはもちろん、大人も大好きという人が多いパンバーグ

 

それほど難しいメニューではありませんが、家庭で作るとパサパサとした仕上がりになることが多いようです。

 

また、冷めると固くなることもよくあることで、食べようとするとお箸が折れそうになることもありますよね。

 

お弁当に入れる際も、なるべくジューシーさを保つ方法があれば便利ですね。

 

そこで、今回はパンバーグがパサパサしない、冷めても固くならない作り方をご紹介します!

Sponsored Link

 

ハンバーグがパサパサな仕上がりになる原因とは?

家庭で作るハンバーグがパサパサしてしまう原因はいくつかあります。

 

まずは材料についてですが、お肉はどんなものを使っていますか?

 

牛肉100%でも作ることが出来ますが、家庭でジューシーに仕上げるのはなかなか難しいです。

 

豚肉の方が脂身があって焼きやすくなるので、一緒に使うとパサパサしたハンバーグになりにくいです。

 

「牛肉:豚肉」の割合が「7:3」「6:4」くらいの合い挽き肉を利用するとよいですね。

 

割合がわからない時は、両方を少量ずつ購入して自宅で合わせるようにしましょう。

 

 

また、ハンバーグはつなぎも重要です。

 

つなぎには卵、牛乳、パン粉などを使いますが、どれかが少なかったり、入れていなかったりするとパサパサする原因になります。

 

バランスよく混ぜるようにしましょう。

 

Sponsored Link

 

ハンバーグのパサパサしない作り方や焼き方は?

強火で焼き過ぎると表面だけが焦げてしまい、中まで火を通す頃には固くなってしまいます。

 

ハンバーグを作る際は、焼き方が非常に重要なポイントになります。

 

まずは片面を強火でしっかり焼き、ひっくり返して弱火にしてから蓋をするのが基本です。

 

この時、100ccほどの水を入れるとよりふっくら焼き上げることができます。

 

水がなくなるまで焼いても中身は固くならず、パサパサしないハンバーグが作れます。

 

 

また、初めから弱火で焼くのはNGです。

 

最初に強火で焼いておかないと、肉汁がどんどん流れ出てしまうのです。

 

これでは水分が抜けてしまい、パサパサの仕上がりになってしまうので注意しましょう。

 

 

お弁当などハンバーグが冷めると固くなる原因とは?.

お弁当に入っているハンバーグは、冷めると固くなることが多いですよね。

 

お弁当に入れる場合は、食べるまでに腐敗しないように中までしっかり火を通すので、肉汁が少なくなっていることが多いです。

 

もともと焼き上がりの段階で水分が少ないことが原因で、どうしてもパサパサになってしまい、食べる頃には冷めてしまって固くなっています。

 

 

また、脂の多い肉を入れると柔らかくなると前述しましたが、それは温かい時の話です。

 

冷めるとお肉の脂が固まってしまうことも原因となるため、どうしてもハンバーグが固くなりやすいのです。

 

 

冷めても固くならない方法とは?

まず、家庭で作ったハンバーグをすぐに食べきれない場合、必ずラップをしておきましょう。

 

温かい時に食べると柔らかいのに、冷めると固くなるのは、水分が飛んで抜けてしまうことが一番の原因です。

 

お弁当の場合は、レンジでチンできれば熱の力でまた柔らかくなりますが、手作り弁当では温められないケースがほとんどですよね。

 

そういった場合は、ケチャップなどでコーティングする方法が効果的です。

 

NHK・Eテレで放送されている『Rの法則』という番組で紹介されました。

あのお弁当の悩みが解決!おいしい!カワイイ!超時短テク

 

冷めたハンバーグに ケチャップ、中濃ソースを順番にたっぷりかけます。

 

それを電子レンジで40秒チンします。

 

すると、ケチャップと中濃ソースの水分がハンバーグの中に染み込んでしっとりします。

 

そのままラップごとお弁当に詰めてしまえば、冷めてもパサパサしたり固くなったりせず、お昼に美味しく食べられます。

 

他にも、冷めたハンバーグをフライパンに入れて、麺つゆで軽く煮るという方法もあります。

 

冷めた状態で煮ることで、麺つゆがしっかり染み込んでジューシーになるのです。

 

いずれにしても、ちょっとした工夫で「パサパサしない、冷めても固くならない」ハンバーグが食べられますね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ