楽しく為になる情報をお届けします!

ダウンとフェザーの違い!温かさや羽毛布団と羽根布団での比率!

ダウン フェザー 違い

ダウンとフェザーの違い!温かさや羽毛布団と羽根布団での比率!布団売り場を見ていると、 羽毛布団 羽根布団があることに気が付きます。

 

一般的に、羽毛布団は「ダウン」、羽根布団は「フェザー」などと呼ばれますが、この違いをご存知でしょうか?

 

他にもダウンジャケットなど、用途や温かさによって 値段が随分違ってくることもありますね。

 

フェザーと異なる点を知っておくと、布団選びなども迷わなくなりますよ!

 

そこで、今回はダウンとフェザーの違いについてご紹介します。

Sponsored Link

 

ダウンとフェザーの違い・温かさや用途、洗濯できる?

ダウンとは、水鳥の胸に生えている 非常に柔らかい毛です。

ふわふわとしていてがありません。

 

一方のフェザーの場合は、真ん中にがあるため嵩があり少し硬いです。

よくある羽のイラストに描かれているものや、赤い羽根共同募金の赤い羽根を想像するとイメージしやすいかもしれません。

 

 

ダウンは軽くて空気をたっぷり含みますので、暖かさが違います。

そして 吸湿発散性にも優れています。

 

ですから用途として、布団やジャケットなどに使われることが多いです。

とはいえ、布団もジャケットも安いものだとフェザーの方が多く含まれていることもあるため、気になる方は表示をチェックしてくださいね。

 

フェザーの場合は、軸があるので 弾力性があります。

用途としては、型崩れしにくい枕やクッションなどに使用するのに向いています。

 

ダウンだけのクッションでしたら、ぺちゃんこになってしまいますからね…。

 

どちらも「水洗い可」の表示がついていれば自宅で洗濯できます。

洗濯できるかどうかは包んでいる他の素材によっても異なります。

 

中性洗剤を使って洗濯液を作り、軽くたたんで押し洗いをするのが一般的です。

洗濯機で洗濯すると浮いてきてしまうので綺麗に洗えません。

 

 

ダウンとフェザーの違い・値段が高いのは?

鳥の種類にもよりますが、ダウンは大変貴重で1羽から 10gほどしかとれません。

ですからフェザーより値段が高い場合が多いです。

 

ダウンは種類が「グース」「ダック」に分かれ、グースの方が羽毛のサイズが大きいので良質といわれていて値段も高価です。

 

さらに産地やランクによっても値段はピンキリです。

 

 

ダウンとフェザーの違い・羽毛布団と羽根布団での比率は?

羽毛布団には、ダウンとフェザーの 割合が表記されています。

 

ダウンが50%以上のものは羽毛布団に分類されますが、90%以上入っているものが主流です。

ダウンの比率が高いほうが温かく、羽軸も少ないので柔らかいのも特徴です。

 

逆にフェザーが50%以上のものは 羽根布団と呼ばれます。

少し硬めの布団になりますので、お値段的にも安くなるのが一般的です。

 

それぞれの違いを覚えておくだけでも、ジャケットなどを購入する時の参考になるかと思います。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ