楽しく為になる情報をお届けします!

春雨・ビーフン・フォーの違い!原料やカロリー、太る心配は?

春雨 ビーフン フォー

春雨・ビーフン・フォーの違い!原料やカロリー、太る心配は?低カロリーや低糖質、グルテンフリーなどが流行している今、 春雨 ビーフン フォーなどのヘルシーな麺類が注目されていますね。

 

ツルツルッとした食感が食べやすく、調理も簡単なので、休日や一人の時の昼食などに重宝します。

 

春雨は見た目にもわかりやすいですが、ビーフンやフォーといった麺を食べたことがない人にとっては、違いがよくわからないこともあるかと思います。

 

そこで、今回は春雨・ビーフン・フォーの違いについてご紹介します!

 

春雨とは?

春雨は、 芋や豆のデンプン質を原料にした麺類です。

デンプンと水を合わせてよく練り込み、細く延ばすという方法で製造されています。

 

日本が原産で、スープや鍋物、サラダなどに入れて利用されます。

乾燥状態で売られているので、水やお湯で戻してから、または直接スープなどに入れて使用します。

 

気になる春雨のカロリーは、100gあたり約340Kcalです。

ヘルシーなイメージですが、カロリーは意外に高めで 太る心配をする人もいるかもしれません。

 

ただし、嵩が多くて1人前の分量が少なくて済むので、「少量で満足できる」という点は魅力的です。

したがって、ダイエット食などに利用している人も多いようです。

 

 
よく似た食材にマロニーというものもありますが、こちらはトウモロコシやジャガイモのデンプンからできているのが違いです。

 

春雨と比べると、マロニーは短くてちょっと太めに製造されています。

主に鍋料理に入れる食材として使用されていますね。

 

ビーフンとは?

ビーフンは 中国 台湾でよく食べられている春雨によく似た食べ物です。

春雨との違いは原料で、うるち米のデンプンを原料にして作られています。

 

春雨と比べると、 モチモチとした食感であるというのも特徴です。

もともとは中国や台湾、東アジアの地域で、スープに入れて食べるものとして親しまれていましたが、炒めものやサラダなど幅広い活用法があります。

 

春雨と比べるとちょっとクセがありますが、辛めの味付けや、甘い味付けにも対応できる万能な食材です。

 

気になるカロリーは100gあたり380Kcalほどです。

ただし、ビーフンも春雨と同じく1人当たりの分量が少ないのでヘルシー食材とされています。

 

極端に食べ過ぎない限り、あまり太る心配はいらないでしょう。
 
素麺・冷や麦・うどん・きしめんの違い!
 

 

フォーとは?

フォーは ベトナムが原産の麺類です。

原料がうるち米のデンプンという点はビーフンと同じですが、ビーフンは細麺であるのに対して、フォーは平打ち麺であるということが主な違いです。

 

鶏がら出汁や牛肉の出汁のスープに入れて食べられますが、小麦でできた麺類とは違い、 コシはありません。

さらさらと食べられるので、ベトナムでは朝食メニューの定番でもあります。

カロリーは100gあたり380Kcalとビーフンや春雨と大体同じくらいです。

こちらも、嵩が合って1人前あたりの分量が少ないのでヘルシーです。

 

グルテンフリーを気にしている人には、最近特に人気が出ています。

 

春雨、ビーフン、フォーの違いについてご紹介しました。

どれも色々な調理方法になじむ食材なので、自宅にストックしておきたいですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ