楽しく為になる情報をお届けします!

タイツにできる毛玉の原因と簡単な取り方!できやすい素材は?

タイツ 毛玉

タイツにできる毛玉の原因と簡単な取り方!できやすい素材は?冬の衣服のお悩みの1つに 毛玉がありますよね。

 

セーターやワンピースにできるのも困りものですが、タイツにできるのも厄介ですよね。

目立ちやすいので、気になる女性も多いと思います。

 

特にお気に入りのものにできてしまったら何とか解消したいところですが、 カミソリなどを使用するのもためらわれます。

 

そこで、今回はタイツにできる毛玉の原因や簡単な取り方、できやすい素材などもご紹介します。

Sponsored Link

 

タイツに毛玉ができる原因は?

タイツに限ったことではないですが、毛玉ができる原因は 摩擦です。

ブーツを履いていると、足首や足先、ブーツの口など、よく当たるところにできやすいです。

 

また、 洋服との相性 洗濯による摩擦でもできてしまいます。

洗濯機で洗う時は中性洗剤と柔軟剤を利用し、ネットに入れるとつきにくくなります。

 

他にも、裏返して洗うとできなくなりますよ。

ちょっとひと手間かかりますが、これでタイツが長持ちするのなら嬉しいですよね。
 
ニット帽に毛玉ができる原因!洗濯や摩擦?簡単な取り方は?
 

 

タイツの毛玉・簡単な取り方は?

セーターなどと同じように毛玉取り器で取ることができます。

特に、たくさんついてしまった時は、 毛玉取り器を使うと簡単で楽ですね。

 

ただし、やはりセーターなどと違い生地が薄いので、穴が開いてしまうことがあるため要注意です。

 

穴をあけずに簡単に取る方法は、台所用のスポンジを使います。

これで毛玉が取れるなんて不思議ですよね。

 

台所用のスポンジの 固い面をタイツに当て、優しくなでたり、円を描くようにしたりすると取れやすいですし、生地を激しく傷めることもありません。

ただし、無闇矢鱈にゴシゴシ擦るのはご法度ですよ!

 

タイツの毛玉・カミソリで取るのはNG?

カミソリ ハサミを使うこともできますが、面倒なのと生地まで切ってしまうことがあるのであまりすすめしません。

ですが、まだ毛玉が少ない時や応急処置として覚えておくのであれば、それもよいかもしれません。

 

ハサミの場合は生地を張って1つずつ丁寧に切っていきます。

 

カミソリの場合はT字のものを使い、そっと軽くなでるようにして取ります。

ちょっと意外かもしれませんが、薄めのタイツの方がこの方法に向いています。

 
ニット帽の洗濯!伸びたり縮んだものを復活させる方法とは?
 

 

毛玉ができやすい素材とできにくい素材は?

できやすいのは ナイロン ポリエステルです。

タイツによく使われている素材なのですが、熱や摩擦に弱いのです。

 

他にもウールは毛玉ができやすいです。

また、複数の繊維を使用しているものも毛玉ができやすいので避けましょう。

 

素材としてできにくいのは 綿レーヨンです。

タイツで探すのは難しいかもしれませんが、参考にしてみてください。

 

どちらかといえば、素材にこだわるよりも 洗濯の方法を変える方が簡単かもしれませんね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ