楽しく為になる情報をお届けします!

カブトムシの寿命!オスとメスで異なる?最長のギネス記録は?

カブトムシ 寿命

カブトムシの寿命!オスとメスで異なる?最長のギネス記録は?夏休みに昆虫採集をする子どもも多いと思いますが、やはり人気なのは カブトムシですよね。

子どもと一緒に捕りに行って、お父さんの方が夢中になるというケースも多いかもしれません。

 

捕まえたら家で飼育することになりますが、どのくらい生きられるのか寿命をご存じですか。

せっかく苦労して捕ってきたのなら、なるべく長生きしてほしいですね。

 

そこで、今回はカブトムシの寿命についてご紹介します。

Sponsored Link

 

カブトムシの寿命はどのくらい?

日本のカブトムシは、幼虫時代から数えると 12ヶ月~15ヶ月ほど生きています。

1年以上生きるというのは少し意外かもしれませんね。

 

ただし、成虫になってからは1ヶ月~3ヶ月ほどしか生きられませんので、その寿命は決して長いとはいえません。

幼虫時代が約10ヶ月と長いので、成虫としてはかなり短い印象です。

 

ですから成虫を買ったり、捕まえてきたりしても、すぐに死んでしまうことも多いでしょう。

捕まえてきた場合はいつ羽化したのかもわかりませんので…。

 

捕まえる場合は 7月中旬頃がベストです。

遅くとも8月上旬までに捕まえないと、すぐに死んでしまう可能性があります。

 

また、ホームセンターなどで買った場合も、知識のない人が飼育していて飼って10日前後には死んでしまうということもあるようです。

長く育てるには、きちんとしたペットショップなどで買うのがベストです。

 

ちなみに、カブトムシとよく比べられる虫にクワガタがいますが、国産のオオクワガタなどは5~7年生きることが多く、カブトムシよりもかなり寿命が長いのです。
 
ペットの寿命!長い・短い生き物は?犬・猫・小動物・鳥
 

 

カブトムシの寿命・オスとメスで違う?

どちらかというと、 メスの方が比較的長生きするそうです。

人間も女性の方が寿命が長いといわれていますが、カブトムシも同じなんですね。

 

オスは成虫になってから1~2ヵ月しか生きられませんが、メスの場合は2~3ヶ月、長い場合は5ヶ月も生きることもあるそうです。

 

長生きさせるためには ストレスのない環境が重要です。

気温は25~30度に保ち、直射日光をあてないようにします。

 

土などが乾燥しないように霧吹きで水を与えるのもいいですね。

また、ケンカや交尾をくり返すことでも寿命は短くなってしまうため、オスとメスは別のケースに入れておいた方が長生きします。
 
クワガタの寿命!オスとメスで違う?最長のギネス記録は?
 

 

カブトムシの寿命・最長のギネス記録は?

カブトムシの寿命については、残念ながら ギネス記録がないようです。

大きさに関してなら記録を残しているようですが…。

 

日本のものは長くて成虫になって5ヶ月程度ですが、世界にはもっと長生きする種もいます。

カブトムシの王様とも呼ばれているヘラクレスオオカブトは、大きいだけでなく寿命も長く、成虫になってから1年半生きる場合もあるようです。

 

卵から数えると2年半から3年ほどですので、日本のものの2~3倍も長生きするんですよ。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ