楽しく為になる情報をお届けします!

上手く話せない病気や障害!好きな人や異性の前で緊張するのは?

上手く話せない

上手く話せない病気や障害!好きな人や異性の前で緊張するのは?学校や会社、あるいは友人との付き合いなどにおいて、 人との会話というのは避けては通れないものです。

ですが、話し上手な人がいれば、上手く話せないことを悩んでいる人もいるでしょう。

 

人との会話は、経験の積み重ねによって習得されていきますが、ある特定の人に対して異常に緊張して話せないなどは何か深い理由があるかもしれません。

 

病気や生まれながらの障害の可能性、ストレスの影響など、様々な理由が考えられます。

 

そこで、今回は上手く話せない病気や障害の他、好きな人や異性の前で極度に緊張してしまう理由についてご紹介します。

Sponsored Link

 

上手く話せない病気や障害とは?

人と対面して会話したりするときに、異常に緊張してしまい、 「汗をかいてしまう」「体が震える」といった現象が起こる人は、「社交不安障害」という精神的な病気の可能性もあります。

 

社交不安障害は、「対人恐怖症」「赤面恐怖症」「スピーチ恐怖症」などといった特定の場面や症状によって、細かく分類されています。

 

これらの症状を抱えていても、そういった場面に出くわすことが少ない場合は表面化しない人も多いです。

また、これらを苦痛に感じないケースというのもあります。

 

ただし、仕事や学業において、人と会話したり、人前でスピーチをしたりという機会が多い人にとっては、仕事などに支障があります。

重症度にもよりますが、 薬物療法 認知行動療法によって治療することもあります。

 

その他、上手く話せない障害となると、主に「吃音症」が挙げられます。

先天性の障害と思われがちですが、児童期の発達の過程で起こったり、頭部に損傷を受けた場合に発症することがほとんどで、本人にとって非常に辛い症状であると考えられます。

 

 

上手く話せないのはストレスのせいもある?

ストレス過多の人の場合は、 自律神経の乱れによって上手く話せない状況を招くことがあります。

 

通常、会話をするときは脳からの指令で言葉を発しますが、自律神経が乱れている人の場合は、指令がきちんと伝達されなくなります。

すると、「ろれつが回らない」「どもってしまう」という症状が現れ、上手く話せなくなってしまいます。

 

また、過度なストレスは、前述した対人恐怖症や赤面恐怖症といったトラブルを招くケースもあります。

人と会話するときには、 リラックスできる状態を保てることが理想なのです。

 

 

好きな人や異性と上手く話せないのは緊張?

好きな人 異性を相手にすると、途端に上手く話せないという人もいますね。

これは、多くの人が思春期以降に経験したことがあると思います。

 

これは大抵が緊張によるもので、「変に思われたらどうしよう」「相手を傷つけることを言ってしまわないか」などといった心理状態が招くことが多いようです。

 

会話は、専門的に学ぶというよりも経験を経て蓄積されていくので、ケーススタディで経験を積んでいくことで克服できる人もいますし、そうではない人もいます。

生まれ持ったセンスも関係しているでしょう。

 

好きな人と会話するチャンスを手に入れた時には深呼吸をし、なるべくリラックスした状態を作りましょう。

これはイメージトレーニングで鍛えることもできます。

 

リラックスしているときに、自分が伝えたいことを伝えられた、相手といい雰囲気で会話できた状態をイメージするようにします。

これらがスムーズにイメージできるようになったら、より具体的イメージを膨らませるトレーニングもしてみましょう。

 

どんな場所で、どんな服を着ているか、どんな声のトーンで会話をしているかなどを細かく設定し、 「妄想」を膨らませるのも一つの方法です。

すると、心の準備が整っている分、実際にそのチャンスが訪れた時に理想的に上手く話せるようになります。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ