楽しく為になる情報をお届けします!

スエード素材の靴・ブーツ・ジャケット・コートのお手入れ方法!

スエード お手入れ

スエード素材の靴・ブーツ・ジャケット・コートのお手入れ方法!靴や洋服など、素材によって お手入れの方法が違うため、迷うものが出てくると思います。

 

特に、スエードのものを長く使うためには、正しい方法でのケアが必要です。

実は汚れが付きやすい素材でもあるのです。

 

お気に入りの靴やブーツ、手袋、ジャケット、コートなどをお持ちの方も多いですが、特にシーズン終了後だけでなく、普段から綺麗にしておきたいですね。

 

そこで、今回はスエード素材のお手入れ方法についてご紹介します。

Sponsored Link

 

スエードの靴やブーツのお手入れ方法は?

スエードとはそもそも、革の内側を 起毛させて作った素材です。

つまり、もともとは革なのです。

 

汚れやすく雨にも弱いのですが、意外とお手入れは簡単です。

ただし、専用のブラシ栄養スプレーが必要です。

 

まずは ブラッシングをして、靴やブーツなどの毛の中に入り込んだ汚れやほこりを落とします。

続いて、栄養スプレーを全体にかけます。

 

たった、これだけでOKなんですよ!

 

ただし、こまめなお手入れは大切です。

長持ちさせたいのなら、外出したら必ずブラッシングだけは行うようにして汚れを落としましょう。

 

放置しておくと落ちにくくなってしまいます。

また、雨から守るために 防水スプレーをしておくとよいですよ!

 

「おしゃれは足元から」といいますので、靴やブーツはなるべく綺麗にしておきたいですね。

 

 

スエードのジャケットやコートのお手入れ方法は?

本来スエードは牛や山羊の革を起毛させたものですが、最近では スエード調と呼ばれるものも多いです。

人工革でつくったものを毛羽立させたものでも、レベルが高いものもあります。

 

また、毛足の長いベロアやヌバック、人工のアルカンタラ、ベルベッドも同じようにお手入れできます。

 

ジャケットやコートなども靴の場合と同様、専用のブラシでブラッシングして、 スプレーをすればOKです。

 

専用のブラシは 天然の生ゴムのものを選びましょう。

似た素材のものでブラッシングをすると、却って繊維を傷めてしまうこともあるのです。

 

また、仕上げには毛のブラシが必要になります。

汚れ取り用と、毛並みをそろえる用の2種類のブラシがあると、きちんとお手入れができます。

 

ブラシやスプレーがセットになったものも販売されていますので、迷ったらぜひ使っていただきたいと思います。
 
スエードが濡れたら再起不能?ジャケットなどはクリーニング?
 

 

スエード素材のひどい汚れ・水洗いできるの?

こまめにブラッシングをしていないと、スエードに汚れが残ってしまいます。

ひどい汚れの場合は、 水洗いすることも可能です。

 

水を含ませたスポンジなどで少しずつ水をかけます。

そしてスエード用のシャンプーを専用ブラシにとり、円を描くようにやさしく洗います。

 

丸洗いではなく、スエード面だけを洗いましょう。

 

洗い終わったらまたスポンジを使って洗い流し、タオルで水分を拭き取ります。

風通しの良い日陰に置いてしっかり乾燥させましょう。

 

色抜けしてしまった場合はスエード用の染料で染め直すこともできます。

お手入れには専用の道具が必要ですが、道具さえあればそれほど難しいことではないのです。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ