楽しく為になる情報をお届けします!

白砂糖と黒砂糖の違い!原料や製法、糖度、栄養、効果は?

白砂糖 黒砂糖 違い

白砂糖と黒砂糖の違い!原料や製法、糖度、栄養、効果は? | なるほど情報マガジン最近、 「白砂糖は体によくない」といわれることが多いですね。

一方、黒砂糖は体によいイメージがあるかもしれません。

 

風味も味も違うこの2つの砂糖ですが、原料や製法などにどんな違いがあるのかご存知ですか?

体を冷やしたり温めたりする効果もあるといわれ、栄養学的にも随分異なる点がありそうです。

 

そこで、今回は白砂糖と黒砂糖の違いについてご紹介します!

Sponsored Link

 

白砂糖と黒砂糖の違い・原料は?

色を見て、違うものからできていると思われるかもしれませんが、実はどちらも原料は同じ サトウキビなのです。

 

ちなみに、三温糖きび砂糖なども原料はサトウキビで、ほとんどの砂糖はサトウキビが原料となっています。

 

では、なぜ色や味が違うのかというと、 製法が異なります。

 

白砂糖と黒砂糖の違い・製法は?

どちらもサトウキビから搾り取った汁 「粗糖液」を使用します。

 

不純物を取り除いて煮詰めて固めたものが黒砂糖です。

 

さらに、それを遠心分離器にかけて 「蜜糖」というものを分離させると砂糖だけの結晶になります。

これを分蜜糖といいます。

 

これを精製して、不純物を取り除いたものが 白砂糖です。

 

白砂糖は製造中に「ザラメ糖」「車糖(くるまとう)」に分かれます。

グラニュー糖などもザラメの一種です。

サラサラしていて割とさっぱりした甘みです。

 

車糖は糖分の純度で分けられ、上白糖や三温糖などがあります。

最もよく使われている上白糖は、よく精製されているので真っ白なのです。

 
 

白砂糖と黒砂糖の違い・甘さ(糖度)や栄養は?

上白糖はよく精製されているので糖度が高く、 98度もあります。

 

黒砂糖は80~86度と低めです。

ですが甘くないイメージはないですよね。

 

精製されていない分、 他の成分も含んでいるので独特の味があります。

精製されていないことで黒砂糖にはカルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

カルシウムは白砂糖の2.5倍、鉄分は5倍もあるといわれています

 

逆にいうと白砂糖には栄養成分はほとんど含まれておらず、多いのはカロリーだけなのです。

ですから黒砂糖の方が体によいといわれているんですね。

 

どちらも糖分なので食べると血糖値は上昇しますが、ミネラルの含まれている黒砂糖の方が 血糖値の上昇が穏やかになります。

 

 

白砂糖は体を冷やす?黒砂糖は体を温める?

白砂糖も黒砂糖も原料は同じサトウキビです。

サトウキビは熱帯の植物ですので、 体を冷やす作用があります。

 

体を冷やすものと温めるものを見極める基準に、「白いものは体を冷やし、黒いものは体を温める」というものがあります。

 

黒砂糖も体を温めると思っている人も多いようですが、それは間違いです。

 

体を温める甘味料がほしいのなら「てんさい糖」を使いましょう。

てんさい糖は 砂糖大根からできています。

 

北海道など寒冷地で取れるので体を温める作用があり、ミネラルも豊富に含まれているためおすすめです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ