楽しく為になる情報をお届けします!

ゴーヤの主な栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?

ゴーヤ 栄養

ゴーヤの主な栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?夏野菜にも色々ありますが、 ゴーヤもその1つですね!

元々は沖縄の野菜というイメージが強いですが、最近ではスーパーでも簡単に手に入るようになりました。

 

夏にぴったりな 栄養成分がたくさん詰まっているので、ぜひ食卓に取り入れたいですね!

食べず嫌いの人も、意外とハマってしまうかもしれませんよ。

 

そこで、今回はゴーヤの栄養成分や効能・効果・カロリーについてご紹介します。

Sponsored Link


 

ゴーヤの主な栄養成分とカロリー!種やわたにも!

まず注目したいのが ビタミンCです。

その量は100gあたり76mgと、あのキウイよりも多いのです。

 

でも、ビタミンCは熱に弱いイメージがありますよね。

実は、ゴーヤに含まれるビタミンCは加熱しても失われにくく、これは嬉しいですね。

 

他にはビタミンB1、B2、E、K、葉酸、カロテン、カリウム、カルシウム、食物繊維なども含まれています。

 

ただし、私たちが食べている皮の部分よりも、種やわたのほうが3倍ビタミンCが多いといわれています。

 

わたは苦いというイメージがありますが、実はそんなに苦くないので、そのまま調理してみてはいかがでしょうか。

天ぷらなどにすると、気にならないで食べられますよ!

 

気になるカロリーも100gあたりたったの17kcalと、野菜の中でも低カロリーなので、ダイエットにも有効です。

 

 

ゴーヤの効果・効能とは?

ビタミンB1とCが含まれているので 疲労回復 免疫力アップに効果があります。

夏風邪の予防や夏バテ防止にもぴったりですよね!

 

ビタミンB1を豊富に含む豚肉と炒めるゴーヤチャンプルなら、さらに疲労回復効果がアップしそうです。

 

また、苦みの元である 「モモルデシン」という成分も夏バテに効能を持っています。

神経組織に働きかけることで、シャキッとした気持ちにしてくれるようです。

 

その他、胃腸の働きにもよく、食欲増進効果もあるので、夏には欠かせない野菜といってもよいでしょう。

 

もちろんビタミンCが豊富なので、美容にもおすすめです。

ニキビの予防や改善の他、シミやそばかすの予防にも効能を示すことから、 紫外線対策の1つとなりそうです。
 
ゴーヤの保存!常温と冷蔵のどっち?冷凍や乾燥させると長持ち!
 

 

ゴーヤの栄養・妊婦さんとの相性は?

体によいものでも妊婦さんにとってはNGという食材もありますので、 苦味の強いゴーヤはどうなのか気になりますよね。

 

また「妊娠中にゴーヤを食べると流産する」という噂を聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

ですが、これは科学的根拠はない話ですのでご安心ください。

 

ただし、 「キニーネ」という成分が含まれていて、体を冷やしやすいということがあります。

もちろん、食べ過ぎないようにすればまったく問題ありません。

 

その他、むくみ解消に繋がりやすいカリウム、お通じをよくする食物繊維、胎児の体の形成に役立つ葉酸なども含まれていますので、妊婦さんにはおすすめの食材です。

 

ゴーヤを食べて、ストレスや疲労の溜まりやすい夏を乗り切りましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ