楽しく為になる情報をお届けします!

アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルクの違い!

アイスクリーム 違い

アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルクの違い!気温が高く暑い日が続くと、 アイスなどの冷たい食べ物が恋しくなりますね。

 

しかし、実はアイスと一口にいっても、乳成分の量の違いによって「アイスクリーム」「ラクトアイス」「アイスミルク」などと分類されているのをご存じでしょうか?

 

パッケージ裏の製品名をよく見るとわかりますよ。

その他、ガリガリ君などの乳成分が入っていないものを 「氷菓」と呼んでいますね。

 

今回は、アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルクの違いについて具体的にご紹介します。

Sponsored Link

 

アイスクリーム・ラクトアイス・アイスミルクの違いとは?

これら3つ違いは、 食品衛生法の中の・・

・「乳および乳製品の成分規格に関する省令」
・「食品、添加物などの規格基準」

という2つの法律によって分類されています。

 

これらは、『アイスクリーム>アイスミルク>ラクトアイス』の順に乳成分が多く含まれているので、アイスクリームが一番ミルクの味が濃厚ということになります。

 

では、それぞれの特徴と違いを見ていきましょう。

 

・アイスクリームとは?
乳固形分15%以上、そのうち乳脂肪分が8%以上含まれているものを、正式に「アイスクリーム」と呼びます。

牛乳以上の「乳脂肪分」を含んでいるので、とても濃厚な味わいとなっています。

作る時には、基本的に牛乳と生クリームを混ぜて作ることが多いです。

 

有名な商品では・・・
・「ハーゲンダッツ」
・「レディーボーデン」
・「MOW」
・「牧場しぼり」
・「Gran」

などがありますが、少しリッチなものが多いですね。
 
サイダー・ラムネ・スカッシュ・ソーダの違いとは?
 

 
・ラクトアイスとは?
ラクトアイスは、乳固形分が3%以上含まれているものを呼んでいます。

乳脂肪分の含有量については規定がありません。

 

ただし、アイスクリームのようなクリーミーな味わいを出すため、乳化剤植物性油脂などを添加して、風味を出しています。

 

また、乳成分が少ないと口解けが悪くなりやすいので、安定剤というアイスを滑らかに保つ成分なども含まれていることが多いです。

 

牛乳や生クリームを原料とすると、どうしても原価が上がってしまいますが、乳化剤や植物性油脂などで代用することにより安価な製品を作ることができます。

 

・「明治エッセルスーパーカップ」
・「ロッテの爽」

などがラクトアイスになります。

 

ただし、「爽の冷凍レモン」などは、酸味のあるシャーベット状のアイスなので、氷菓に含まれます。
 
あられ・せんべい・おかきの違い!原料や製法、大きさも関与!
 

 

・アイスミルクとは?
アイスクリームとラクトアイスの 中間と考えて下さい。

乳固形分10%以上、そのうち乳脂肪分が3%以上含まれるものを指しています。

 

牛乳と同じくらいの乳成分となっており、牛乳を凍らせて滑らかにしたような味わいです。

・「チョコモナカジャンボ」
・「雪見だいふく」

などが分類されています。

 

3種類を比較してみると違いはわかりますが、味自体はそんなに変わらない印象もありますね。

最近よくCMなどで見かけるプレミアムアイスと呼ばれる種類のものも、いわゆる「アイスクリーム」に分類されていることが多いですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ