楽しく為になる情報をお届けします!

髭剃りでの肌荒れ・ニキビ!シェーバーでもカミソリ負け?対策は?

髭剃り 肌荒れ

髭剃りでの肌荒れ・ニキビ!シェーバーでもカミソリ負け?対策は?髭を剃った後に、肌がヒリヒリして荒れてしまったり、ニキビや吹き出物ができてしまったり、という経験はありませんか?

 

男性にとって 髭剃りは毎日欠かせないものですが、その毎日の積み重ねで肌にダメージを与えてしまっていることもあるようです。

 

肌荒れが怖くてシェーバーを使用している人も多いですが、電動式でも絶対安心というわけでもなさそうです。

 

そこで、今回は髭剃りによる肌荒れを防ぐ方法をご紹介します。

Sponsored Link

 

髭剃りでの肌荒れ・ニキビが増える原因になる?

カミソリで髭を剃ると、髭だけでなく 皮膚の表面も少し削られてしまいます。

 

つまり、角質層に傷がついてしまうんですね。

剃った時にヒリヒリした感じがするのはそのためです。

 

傷がつくとそこから乾燥してしまい、それによって剥がれてしまった角質層の隙間から、 細菌 ウイルスも入ってきてしまいます。

角質層には肌細胞を乾燥から守り、人体に悪影響を及ぼす異物の侵入を防ぐ役割があるのです。

 

もちろん、顔に常在しているアクネ菌も入ってきてしまうため、ニキビができやすくなってしまいます。

他にも、痒みを伴う吹き出物や赤みなどができてしまうこともあります。

 

 

髭剃りでの肌荒れ・シェーバーでもカミソリ負けする?

電気シェーバーの場合は、プレシェーブローションを付けて 乾燥させてから剃るのが一般的です。

カミソリの場合は濡らしますが、シェーバーの場合は逆なんですね。

 

髭を剃る刃が直接肌に触れない構造になっているため、肌を傷つけにくいのです。

ですが、肌の弱い人はそれでもカミソリ負けをしてしまうこともあります。

 

電気シェーバーの種類にもよっても異なります。

回転式のものは、より肌を傷つけにくいため、カミソリ負けしてしまう人は回転式を使うほうがよいかもしれません。

 

また、以前は大丈夫だったけれどだんだん肌荒れするようになったという人は、刃を替えたほうがよいですね。

電気シェーバーの刃も消耗するんですよ。

 

切れないままにしておくとニキビが増えたり、痒みや赤みを帯びたりすることもあります。

製品によって 交換の頻度は異なりますが、1~2年ごとに交換するケースが多いので確認してみてください。
 
女性のカミソリ負け!顔や腕、足は危険!市販薬での治し方は?
 

 

髭剃りで肌荒れしないための対策!

電気シェーバーの場合は、プレシェーブローションをしっかり付けて、ヘッドが 垂直になるように当ててゆっくり逆剃りしましょう。

強く押し付けると肌を傷める原因になってしまいます。

 

そして、髭剃り後は化粧水や乳液、アフターシェーブローションなどで保湿してください。

アルコールやメントールが入っているものは刺激が強いので、入っていないものを選びましょう。

 

また、より肌に優しい髭剃りをするには、 シェービングフォームを使って濡らしてから剃ることです。

手間はかかりますがより肌を傷つけにくくなるので、どうしても肌荒れしてしまう人にはおすすめです。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ