楽しく為になる情報をお届けします!

髪が伸びるのが早い人と遅い人の違い!食べ物やシャンプーも関与!

髪 伸びる 早い

髪が伸びるのが早い人と遅い人の違い!食べ物やシャンプーも関与!同じ頃に髪を切ったはずなのに、 伸びるのが早い人と遅い人っていますよね。

いろいろと髪が伸びる早さについては俗説もありますが、違いはどこにあるのでしょう?

 

食べているものや生活習慣、もちろん個人差もあります。

使用している シャンプーでのケアなども意識することで、髪を伸ばすのも早めることができるそうですよ!

 

そこで、今回は髪が伸びるのが早い理由についてご紹介します!

Sponsored Link

 

髪が伸びるのが早い人と遅い人の差は?

髪の毛は、おおよそ1ヶ月に 0.5~1.5cmくらいのスピードで伸びていくといわれています。

0.5~1.5cmですから、早い人と遅い人では3倍くらいの違いが生じてもおかしくないことになります。 (※平均で2倍くらいの差なるそうです)

 

もちろん、体質というのもあるのですが、生活習慣によっても髪が伸びる早さが変わってきます。

睡眠がしっかり取れている人の方が、そうでない人よりも髪は早く伸びる傾向にあります。

 

よく、睡眠のゴールデンタイムといって22時~翌2時の間が大切だという話を耳にしますが、これは成長ホルモンの分泌が促される時間に当たるためです。

 

成長ホルモンは細胞の修復などを行ってくれる大切な存在ですが、主にタンパク質でできている 髪の成長にも影響を及ぼしています。

したがって、睡眠時間をしっかり確保し、規則正しく生活することが大切です。

 

また、ストレスを多く感じている人は頭皮の血行が悪くなり、髪の成長に悪影響するともいわれています。

頭皮の血行が悪くなると、当然毛母細胞へ行き渡る栄養素の量も減ってしまいますので、これは当然のことといえそうです。

 

頭皮が固いと感じる人は、お風呂でシャンプーをする時に、頭皮の血行が良くなるよう マッサージなどを行うことをおすすめします。
 
自宅でストレートパーマをかける方法!
 

 

髪が伸びるのが早い理由・影響する食べ物は?

例えば、食生活の中で良質な タンパク質 亜鉛がとれていると、髪は早く伸びるそうです。

髪を構成しているのはほとんどタンパク質ですが、その質をよくするためには亜鉛も欠かせません。

 

大豆製品や魚、赤身肉などを積極的に摂り、牡蠣あさりなどの亜鉛を含む食材を意識することで、髪質の向上や成長に繋がります。

 

特に、大豆製品に含まれる 大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエステロゲンと似た分子構造や働きを持っています。

髪の成長には女性ホルモンの働きが必要なので、豆腐や納豆などの大豆製品はおすすめです。
 
枝毛の治し方!一度カットすべき?食事・ストレス・ヘアケアは?
 

 

髪が伸びるのが早い理由・シャンプーも関与?

髪を早く伸ばしたいということであれば、 日々のケアも丁寧に行った方がよいでしょう。

頭皮に汚れが溜まっている状態では、髪の成長を妨げてしまいます。

 

また、シャンプーをすることで、頭皮の血行を促すという効果があるので、やはりシャンプーケアは欠かせません。

使用するシャンプーはどんなものでもよいですが、髪や頭皮に刺激の強過ぎるものはよくありませんので、 低刺激性のものを選びましょう。

 

また、トリートメントなどのすすぎ残りは頭皮汚れの原因になるので、しっかりとすすぎましょう。

 

他にも、傷んでいる毛が多いと髪の成長を妨げるので、髪が傷んでいる時には部分的にカットするということも大切になります。

 

早く伸ばしたいと思っている人は、今回紹介したことをぜひ生活習慣に取り入れてみて下さい。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ