楽しく為になる情報をお届けします!

セーターの収納!ハンガーや圧縮袋は?たたみ方や防虫剤も!

セーター 収納

セーターの収納!ハンガーや圧縮袋は?たたみ方や防虫剤も!冬の間は、 セーターにお世話になることが多いですね。

分厚いセーター類は着る時は暖かくていいけれど、収納は場所をとりますし、生地は繊細ですし、ちょっと困りますね。

 

ただし、きちんと収納しておかないと、次のシーズンに伸びてしまったり、虫に食われたりとトラブルを起こしやすいです。

防虫剤は特に重要な存在ですね。

 

そこで、上手にセーターを収納する方法についてご紹介します。

Sponsored Link

 

セーターの収納・ハンガーはNG?

セーターは、基本的に ハンガー収納はできないと思っておいた方がいいですね。

ハンガー跡がついてしまったり、伸びてしまったりというトラブルの原因になります。

 

また薄手のニットなどは、ハンガーの角からが開いてしまうこともあります。

臭いや汗汚れが気になり干したい場合は、椅子の背もたれなどにかける、平置きにするなどがベストです。

 

どうしてもハンガーを使用したい時は、比較的丈夫な胴部分で折り返すように干すようにします。

収納場所の都合などで、ハンガーにかけて収納したいという時は 「セーター収納用」ものが販売されていますので、そちらを使用してみて下さい。
 
セーターの手洗い方法と注意事項!洗剤選び・脱水・干し方!
 

 

セーターの収納・たたみ方は?

セーターに限らずですが、 たたむ回数は少ない方がシワなどを防ぎ、綺麗な状態を保てます。

ニット類はたたむことで伸びてしまう材質のものもありますので、なるべく少ない回数でたたみましょう。

 

セーターを広げた状態から両袖を後ろに折り、胴部分を真ん中で一回折るだけというシンプルな方法がおすすめです。

 

もし、もう少しコンパクトにということであれば、胴部分を半分に折る前に、両肩ラインで1回ずつ折ります。

もしくは、先ほどの簡単な折り方の状態からクルクルと丸めて収納してもいいでしょう。

セーターの収納・圧縮袋はOK?

厚手のセーターなどは 圧縮袋を使用することで、収納の嵩を減らすことができますね。

圧縮袋は、セーターに合ったサイズの袋を用意しましょう。

 

綺麗にたたんだ状態で、圧縮する前にはシワや型崩れのない状態にしておきます。

ボタンやファスナーなどがついている時には内側に来るようにたたみましょう。

 

薄手のセーターはシワが付きやすく伸びやすいので、圧縮袋の使用は避けた方がよいでしょう。
 
セーターの縮まない洗い方!ウール・カシミヤ・化学繊維は?
 

 

セーターの収納・防虫剤はどこに置く?

シーズン終わりの収納の場合には、 防虫対策もしっかり行いましょう。

セーター類は、繊維が臭いを吸収しやすいので、防虫剤は無臭タイプを使用してください。

 

衣類ケースの大きさと、防虫剤のタイプによって入れる個数などは異なりますので、説明書のとおりに入れましょう。

何個か必要な場合には、 ケースの上と下などに入れます。

 

素材によっては、直接防虫剤に触れないようにした方がいいものもありますので、ティッシュや不要な布にくるんでおくと安心です。

 

また、保管途中で効果が切れてしまわないように、半年~1年程度は効力が続くタイプを選んで下さい。

 

お気に入りのセーターが、冬の虫に食われたり、伸びて着れなくなったらショックですね。

冬にお世話になった感謝も込めて、丁寧に収納してあげましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ