楽しく為になる情報をお届けします!

2017年の立秋はいつ?期間としての意味や食べ物、残暑見舞いへ!

2017 立秋

2017年の立秋はいつ?期間としての意味や食べ物、残暑見舞いへ!天気予報などで 「暦の上では秋となりました」などとよく耳にしますよね。

これは、二十四節気の「立秋」を迎えたという意味ですが、実際には、まだまだ暑い時期で秋が来たとは感じられないかもしれません。

 

ただ、立秋を機に徐々に気温も落ち着いてきて、季節の変わり目となっていきます。

 

その日付も年によって若干変化しますが、 2017年はいつになるのでしょうか?

また、二十四節気でいう「期間としての意味」は、いつからいつまでになるのでしょうか?

 

そこで、今回は2017年の立秋の日付や期間としての意味、食べ物などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

2017年の立秋はいつ?その意味は?

2017年の立秋は、 8月7日(月)です。

もう少し詳しくいうと、太陽黄経135度、瞬間的には中央標準時で16:40になります。

 

大体毎年8月7日頃となりますが、太陽黄経で決められているので、年によって1日くらいずれることもあります。

 

立秋を迎えると、暦上の季節は秋という扱いになりますが、地球温暖化のせいもあってか、まだまだ残暑も厳しい時期にあたります。

 

立秋は、 「秋の気配を感じる頃」という意味で、実際には暑さのピークともいわれています。

これを過ぎると徐々に秋めいてくる頃とされ、猛暑、酷暑などから「残暑」と呼ばれる境目にあたります。

 

季節の変わり目ということもあり、夏の暑さからの疲れが出やすい時期でもあるので、体調管理には気を付けたいですね。

 

 

期間としての立秋はいつからいつまで?

立秋は決められた日を指すことが多いですが、二十四節気の1つにあたるため、 期間としての意味も持ち合わせています。

 

次にくる節気が「処暑」といって、2017年は8月23日にあたります。

したがって、立秋(8月7日)~この前日の8月22日までが立秋と呼ばれる期間になります。

 

例えば、時候の挨拶で 「立秋の候」などと使う時には、この期間内が使用に相応しい時期となります。

 

立秋からは残暑見舞いの時期に!

夏の暑い時期には、 暑中見舞い 残暑見舞いといった挨拶をハガキで送り合う習慣がありますよね。

立秋を区切りにして、暑中見舞いから残暑見舞いに切り替わります。

 

これらのたよりは、暑さの厳しい時に出すものとされていて・・・

暑中見舞い:小暑(7月7日頃)~立秋の前日(8月6日頃)
残暑見舞い:立秋(8月7日頃)~白露の前日(9月6日頃)

が目安となっています。

 

一般的には残暑見舞いを8月いっぱい迄とすることもありますが、白露の前日まではギリギリOKといった感じです。
 
残暑見舞いの時期はいつからいつまで?過ぎたらどうする?
 

 

立秋の有名な食べ物は?

二十四節気の区切りには、 「旬のものを食べて過ごす」という風習が残るものもあります。

例えば、冬至の日のかぼちゃなどがそれですね。

 

立秋の場合には、行事食のようなものはあまりないですが、この時期は季節の代わり目で体調を崩しやすいので、旬の食べ物で栄養をつけたいところです。

 

この頃に旬を迎えるのが、オクラ、なす、冬瓜、ゴーヤ、さんまなどです。

オクラは、ネバネバに含まれる栄養価が高く、食欲増進などに効果があります。

 

ゴーヤも、健胃作用や整腸作用、消化促進などの効果が高いです。

夏野菜から秋野菜へと変わっていく時期でもあるので、美味しく食べて健康に過ごしたいですね。

 

立秋の意味についてご紹介しました。

まだまだ暑いと思っているとあっという間に秋が来るので、残り少ない夏を楽しみたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ