楽しく為になる情報をお届けします!

妊娠中にココアやミロは飲んで良い?カフェイン量と胎児への影響は?

妊娠中 ココア

妊娠中にココアやミロは飲んで良い?カフェイン量と胎児への影響は? 妊娠中は口にするものに気を遣わなくてはいけませんよね。

食べ物もそうですが、飲み物も同じです。

 

コーヒーや紅茶、お茶など、カフェインの入っているものは控えている人が多いかもしれませんが、ココアミロなどは飲んでも大丈夫なのでしょうか?

 

こちらにもカフェインが含まれていますので、 胎児への影響などを心配される妊婦さんもいます。

 

そこで、今回は妊娠中にココアやミロを飲んで良いのか、というテーマでご紹介します!

Sponsored Link

 

妊娠中にココアやミロを飲んでも良い?

ココアやミロは妊娠中に飲んでも問題ありません。

 

とはいえ、飲み過ぎは NGです。

それは糖分が多いからです。

 

はじめから乳脂肪分や砂糖が入っているミルクココアではなく、 純ココアでしたら糖分は入っていませんが、全く甘くないのも飲みにくいですよね。

 

妊娠中は食べ物や飲み物に気を遣うことが多いので、ストレスが溜まりやすいため過度な制限も禁物です。

1日1杯程度でしたら問題ないですよ。

 

甘いものを飲めばホッとした気分になって、ストレス解消にもなりますよね!

 

 

ココアのカフェイン含有量と胎児への影響は?

カップ1杯、200mlのココアに含まれるカフェインの量は 20mg未満です。

コーヒーの場合は120~200mg、紅茶は60mgほどですので、かなり少ないことがわかりますよね。

 

ミロの場合もコーヒーの1/10程度となっています。

 

「妊娠中にカフェインは全く摂ってはいけない」というわけではなく、1日200~300mg以下であれば、胎児への影響はないとされています。

ココア1杯飲む程度でしたら問題ありませんね!

 

カフェインだけで考えるともっとたくさん飲めそうですが、糖分や乳脂肪分のことを考えて1日1杯にしておきましょう。
 
妊婦の咳止め!服用できる市販薬や漢方薬!民間療法も効果的!
 

 

妊娠中にココアを飲むメリットはある?

ココアには 食物繊維やカリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄分といった成分が含まれています。

食物繊維は妊娠中に多い便秘の解消に繋がりますし、カリウムは利尿作用によりむくみ防止に効果的です。

 

貧血気味の方には鉄分は欠かせませんし、牛乳を入れて飲むとさらにカルシウムを多めに摂取できますね。

妊婦さんはカルシウムのほとんどを 胎児への供給に使ってしまいますので、積極的に補っておきたいミネラルの1つです。

 

また、ココアポリフェノールは、ストレス緩和感染症の予防効果なども期待できます。

何より、飲むとリラックスできるのもポリフェノールのメリットです。

 

ミロの場合は、ココアよりもさらにビタミンやミネラルが豊富です。

妊娠中は胎児への栄養補給も盛んに行われていますので、ミロを飲んで補うこともできそうです。

 

ただし、1日の量はどちらかを1杯にしておいてくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ