楽しく為になる情報をお届けします!

結婚式のブーケとブートニアの由来と意味!人気のある花は?

ブーケ ブートニア 由来 意味

結婚式のブーケとブートニアの由来と意味!人気のある花は? 結婚式には様々な伝統や演出がありますが、1つ1つ意味を持っています。

 

新郎新婦の持つ、ブーケブートニアにも意味があるのをご存知ですか?

何気なく見てはいたけれど、考えてみたらよくわからないという人も多いかもしれませんね!

 

なぜ儀式として含まれているのか、いつから始まった儀式なのか、知識を深めておきましょう。

 

そこで、今回は結婚式のブーケとブートニアの由来や意味、人気の花などをご紹介します。

Sponsored Link

 

結婚式のブーケとブートニアの由来

いろいろな説がありますが、有名なものが1つあります。

ヨーロッパで昔から伝わるお話です。

 

昔、男性が女性にプロポーズする際、野に咲いた花を摘んで花束にしてプレゼントしたそうです。

これがブーケ発祥の由来といえます。

 

女性はそのブーケの中から1輪の花を抜いて、「YES」の意味を込めて 男性の胸ポケットに刺したといわれています。

これがブートニアの元となりました。

 

ですから、新郎新婦のブーケとブートニアは同じ花を使っているんですね。

 

また、野の花を摘んだのではなく、 村中の人から花をもらって花束にしたという説もあるようです。

最近では、人前式でこの言い伝えを由来としたセレモニーをするカップルも多いようです。

 

参列者に花を持っていてもらい、新郎が先に入場します。

新郎がその花を集めてバージンロードの先まで歩きます。

(※この時にスタッフが花にリボンをかけてブーケにすることが多いようです。ブートニアも忍ばせておきます)

 

新婦は父親と一緒に入場し、祭壇の前で新郎から新婦に花束を渡します。

新婦はその中にあるブートニアを新郎の胸ポケットに刺す、という流れです。

 

こうでなくてはいけないという決まりはありませんので、自分流に アレンジする人も多いですよ。

アットホームな雰囲気で素敵な演出ですよね。
 
入籍の日取りは仏滅でも?天赦日・母倉日・一粒万倍日では?
 

 

結婚式のブーケとブートニアの意味

この言い伝えで男性が集めた花は、 「ダーズンローズ」といわれています。

「1ダース(12本)のバラの花束」という意味ですね。

 

12本のバラには、それぞれ意味があります。

感謝、誠実、幸福、愛情、情熱、真実、希望、信頼、栄光、努力、尊敬、永遠です。

 

ダーズンローズを渡すことで 「これらのすべてを誓います」という意味があるそうです。

 

すべてがポジティブな言葉ですが、男性がすべてを誓うには少し無理があるかもしれませんね。

でも、これを最初に宣言されるような形で、女性にとっては素敵で至福の時ですね。
 
神父・司祭・牧師の違い!服装は?結婚できる?
 

 

結婚式のブーケで人気のある花は?

元々の言い伝えにならうのなら、 白いバラがいいですね。

バラの花言葉は「愛」「美」なのでピッタリです。

 

他には、カサブランカ、カラー、ゆり、ダリアなども人気があります。

真っ白な花だけでなく、カラードレスの色などに合わせて色のある花を使う人も多いですよ。

 

また、春にはチューリップ、夏にはヒマワリなど、 季節の花を使う人も多いです。

季節の花を選ぶと費用も抑えられるというメリットもあります。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ