楽しく為になる情報をお届けします!

授業参観での母親と父親の服装!春夏秋冬や公立・私立の違い!

授業参観 服装

授業参観での母親と父親の服装!春夏秋冬や公立・私立の違い!子どもが小学校や中学校に上がると、 授業参観がありますよね。

 

学校での子どもの様子を見られるのはとても楽しみですが、母親や父親は「何を着ていけばいいのだろう?」と服装の悩みも出てきます。

 

少しはおしゃれを演出したいところですが、周りの親御さんとかなり違う格好をしてしまうと浮いてしまいますので、それも避けたいですよね。

 

かといって、地味過ぎるのもなんだか味気ないですね。

 

そこで、授業参観の母親と父親の服装についてご紹介しますね。

Sponsored Link

 

授業参観の母親の服装・春夏秋冬では?

春夏秋冬を通じて、まず注意したいのは・・・

・カジュアルになり過ぎない
・派手過ぎるものは避ける

ということです。

 

母親の場合は特に、暖かい季節でも 露出の多い服 ダメージジーンズなどは当然ながら避けましょう。

 

また、匂いのきつい香水も他の方の迷惑になりますし、ジャラジャラしたアクセサリーは授業の妨げになることもありますので、控えめにした方が無難です。

 

では、「シャツにスカートやワンピースというフォーマルなスタイルが良いのか?」というと、そうとも言い切れないようです。

 

凛々しいスタイルで臨んだら、周りはみんなTシャツにジーンズなどカジュアルな服装だったというケースも全く無いわけではありません。

 

母親としては、春夏であればスカートやパンツに合わせたカットソー、シャツ、秋なら加えてカーディガン、冬であればセーターをプラスしたり、全身をスーツでまとめるのも良いでしょう。

 

また、ブランド物のバッグなどは嫌味になることもあるため、気を付けてください。

 

授業参観といっても、入学直後や新年度のはじめなどは比較的フォーマルですし、他の季節の場合だと多少空気が異なる場合もあります。

 

学校によっても異なりますので、一番いいのは他のお母さんたちに相談してみることです。

特に上に兄弟姉妹がいる方なら、その学校の状況がわかりやすいと思います。

 

 

授業参観の父親の服装・春夏秋冬は?

女性の場合と同様で、派手過ぎるものやカジュアル過ぎる格好は避けましょう。

 

男性の場合は、 「きちんとした格好=スーツ」というイメージがありますが、実はスーツもNGです。

授業参観にスーツで来る父親はごくごく少数ですので、浮いてしまう可能性が高いですよ。

 

春夏なら 「ちょっとよそ行きのカジュアル(ポロシャツなど)」「クールビズ用のノーネクタイ」などが無難ですが、秋冬で寒くなってきたら「チノパンにセーター」などで十分ですね。

 

清潔感は大切なので、父親もダメージジーンズは避けておきましょう。

 

授業参観にたまにしか来られれないお父さんの場合、気合を入れ過ぎた服装にならないよう注意して下さいね。

 

 

私立と公立での違いはある?

公立の場合は、 普段着のような格好で参加する父母も多いです。

 

スカートで行くお母さんも少ないようですが、子どもはしっかり観察していますので、「最低限のカジュアル」では少し可哀想な気もします。

 

張り切り過ぎる必要もありませんが、少しおしゃれでセンスの良い母親・父親は自慢の対象にもなりますからね…。

 

一方、私立になるとお母さんはスーツや着物、お父さんもスーツというのが当たり前という学校もあるようです。

とくに名門校の場合は、服装もよりフォーマルになっていくようですね。

 

ただし、これも校風によって随分異なってきますし、地元の公立ではありませんので電車で遠めの学校に向かう人も多いですよね。

したがって、身だしなみもきっちりしている両親が多いです。
 

あまりラフな格好で行くと、浮いて見えることは事実なので一段階レベルアップした服装が最適かもしれませんね。

Sponsored Link

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ