楽しく為になる情報をお届けします!

紫外線アレルギーの症状!目や唇などの顔、腕や足、手の甲に!

紫外線アレルギー 症状

紫外線アレルギーの症状!目や唇などの顔、腕や足、手の甲に!寒い冬が終わり、お出かけに気持ちがいい季節になると今度は 紫外線が気になります。

 

日焼けの原因となる太陽の光といえば、真夏の暑い時期に強くなるような印象ですが、実は4~6月頃が一番紫外線が強い時期です。

この時期に、決まって湿疹や腫れといった肌トラブルが多いという人は、 紫外線アレルギーかもしれません。

 

特に、顔では目や唇に症状が現れ、腕や足の他、手の甲だけに現れるという人も多いようです。

 

そこで、今回は紫外線アレルギーの症状についてご紹介します!

Sponsored Link

 

紫外線アレルギーの症状・目や唇など顔に現れるのは?

紫外線アレルギーとは、 「日光アレルギー」「日光過敏症」「日光性皮膚炎」などとも呼ばれていて、日光や紫外線が原因となって現れるアレルギー症状です。

 

特に、日光を浴びてしまった部分に見られることが多いですが、時には全身症状となって現れることもあります。

 

単なる日焼けに似ているので見分けがつきにくい部分がありますが、紫外線アレルギーの症状を下記にご紹介しますので、参考にしてください。

 

まず、顔に現れることが多く、目の症状としては、 充血、異物感、目やにが出るといったものです。

唇は赤く腫れ、痒みが出ることなどが多いです。

 

また、おでこやあごにもブツブツとした湿疹、赤みが出ることがあります。

日焼けによく似ていますが、紫外線に浴びる度にこういった症状が現れる場合にはアレルギーを疑う必要があるでしょう。
 
日焼け跡を早く消す方法!シミ防止のため皮膚科でのケアも!
 

 

紫外線アレルギーの症状・腕や足などに現れるのは?

紫外線アレルギーは、日光があたる場所に現れることが多いため、なども症状が出やすくなっています。

腕や足も、症状としては顔と同様で、赤み、腫れ、発疹、かゆみなどで、ひどい乾燥肌の状態によく似ています。

 

顔よりもお手入れがおろそかになりがちなので、春になって薄着になると同時に紫外線ケアを行うようにしましょう。
 
紫外線の多い時期とピーク!絶対焼かない人の対策・春夏秋!
 

 

紫外線アレルギーの症状・手の甲だけに現れることも!

紫外線アレルギーの症状が、 手の甲だけに現れることがあります。

なぜ、手の甲だけに出るのかについては、ハッキリと理由は分かっていません。

 

ただ、夏になると手の甲に発疹ができたり、乾燥して皮が剥けたりという症状を繰り返すときは、高確率で紫外線アレルギーの可能性があります。

 

皮膚科に行って適切な治療を受けましょう。

重度のアレルギーの場合には、皮膚疾患とともに 頭痛 吐き気を伴うこともあります。

 

紫外線アレルギーになった場合は、「長袖などを着る」「日焼け止めをしっかり塗る」といった対策をして、日光をカットすることを心がけましょう。

 

また、化粧品などの刺激を避け、しっかりと保湿をすることも大切です。

湿疹やかゆみがひどい時は軟膏などを塗って治療する必要があります。

 

また、不規則な生活や食生活がアレルギーを引き起こしたり、悪化させることもあります。

生活習慣の見直しも大切にしたい対策です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ