楽しく為になる情報をお届けします!

就職活動での女子の服装のマナー!髪の毛やバッグ、靴、夏の注意点!

就職活動 女子 服装

就職活動での女子の服装のマナー!髪の毛やバッグ、靴、夏の注意点! 就職活動が盛んな時期になると、電車や街中でスーツに身を包んだ学生を多く目にするようになります。

近頃は、服装なども多様化していて、必ずしもリクルートスーツでなくてもいい企業も増えているそうです。

とはいっても、見た目で内定が取れるかどうかを左右することもないとはいえません。

 

特に 女子の場合は、髪の毛やちょっとしたアクセサリー、バッグ、靴など、一目で目立ってしまうこともありますので、注意したいですね。

 

そこで、今回は就職活動での女性の服装のマナーについてご紹介します。

Sponsored Link

 

就職活動での女子の服装のマナーは?

就職活動において、大切なのは中身であるのはもちろんですが、服装などの 見た目が与える印象というのは意外にも大きいです。

 

外見的なマナーを考慮すると、やはり一般的なのはリクルートスーツでしょう。

女子学生の場合は、ジャケットにブラウス、スカートかパンツスーツというスタイルが基本ですね。

 

色は黒でなければならないという決まりはないですが、黒を選ぶ学生が多いようです。

グレーやネイビーの場合は、濃いめの色が無難でしょう。

 

スーツを選ぶ上で大切なことは、色やデザインよりも サイズがきちんと合っているかということです。

肩幅、袖丈、裾丈、スカート丈など、自分の体型に合ったものを選ぶのもマナーうちの1つです。

 

迷った時はスーツ店などの店員さんに相談してみてください。

 

ブラウスはアイロンをきちんとかけ、襟元を正し、ボタンはきちんと留めましょう。

就職活動では白が基本ですが、色のついたものを選ぶときにはパステルカラーなど薄めの色がいいですね。

 

アパレル系などの一部企業では、私服で来ることを指定されるケースもあります。

これは、服装センスが選考の一環になっている可能性もあります。

 

その場合は、ルーズ過ぎないようなファッションで、自分の個性をアピールできる服を選びましょう。

スーツの時も、私服の時も、女子は特に 清潔感がとても大切です。

シワや汚れがない状態で着用しましょう。

 

 

就職活動での女子の服装・暑い夏の注意点は?

就職活動の時期が後ろ倒しになっているため、 暑い夏にもスーツで企業の面接などを受けなくてはならないことがあります。

 

その一方で、近頃はクールビズを取り入れている企業も多く、学生にもスーツのジャケット着用は不要としていることもあります。

 

その場合、女子としてはブラウスやカットソーにスカートかパンツスーツを合わせるような服装がいいでしょう。

夏は特に汗をかきやすいため、 汗じみが目立たない色のシャツでキチンと洗って清潔なものを選びます。

 

また、面接などの際に汗をたくさんかいた状態ではいい印象は与えられません。

時間に余裕を持った行動も大切ですね。

 

 

髪の毛やバッグ、靴などにも注意を!

女子学生の場合には、 髪の毛なども注意を払いましょう。

髪形は、昔に比べると厳しくはなくなってきていますが、派手すぎるカラーリングやパーマは避けましょう。

 

特に、銀行や官公庁などは昔ながらの企業風土が残っていることが多いので、注意した方がよさそうです。

夏場などは汗で髪の毛が乱れやすいので、きちんとまとめましょう。

 

足元にも注意しましょう。

特にスカートの時には、ストッキングに伝染がないか、靴のかかとや先端はすり減っていないかも意外に見られています。

 

バッグは、スーツに合うものを選びましょう。

就職活動中は書類などを持ち歩くことが多いので、A4サイズ以上が入る大きさのもの、雨で書類が濡れないように 防水できるものが望ましいですね。

 

華美なアクセサリー類はつけないことが基本です。

腕時計も、高価すぎるもの、派手なものは避けましょう。

 

新卒採用が一般的な日本の社会では、就職活動の結果は一生を左右することもあります。

のちに後悔しないためにも、服装などから明るく清潔な印象を与えられるようにしておきたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ