楽しく為になる情報をお届けします!

カトレアの花名の由来と花言葉!色別や英語では?洋蘭の女王!

カトレア 花言葉

カトレアの花名の由来と花言葉!色別や英語では?洋蘭の女王!大きく美しい花を咲かせる カトレアは「洋蘭の女王」と呼ばれています。

大輪の花と派手で豪華絢爛なその姿は、まさに「四大洋蘭」の1つに挙げられる存在です。

 

高級感あふれる花だけに、贈り物に相応しい 花言葉が付けられていると思いますが、ご存じではない方も多いのではないでしょうか。

また、花の名前の由来を知ることで、さらに奥深さを感じさせてくれます。

 

そこで、今回はカトレアの花名の由来や花言葉についてご説明します。

Sponsored Link

 

カトレアの花名の由来は?

洋蘭の代名詞的存在のカトレアですが、花名の由来はカトレア属を最初に開花させた ウイリアム・カトレーの名前にちなんで名付けられました。

 

19世紀前半、ブラジルなどではイギリスに物資を輸出する際に、この花を緩衝材として利用していたという歴史があります。

 

といっても、まだ花をつけていたわけではなく、緩衝材だった植物をイギリスの園芸家であるウイリアム・カトレーが栽培したところ、今まで見たことのない花を咲かせたそうです。

 

もともと40~80の野生種があるといわれていますが、19世紀から 品種改良が盛んに行われ、現在では無数の品種があります。

つまり、学名や属名にカトレアという言葉を含む花の総称を呼んでいます。

 

 

カトレアの花言葉は?色別や英語では?

カトレアの 花言葉は・・・

「成熟した大人の魅力」「魔力」「優美な貴婦人」
「魅惑的」「あなたは美しい」「純粋な愛」

といったものです。

 

やはり、その美しさや華やかさなど、容姿にちなんだものが多いですね。

贈り物に使われることが多いですが、相手を思う意味は意外と少なく、花のプレゼントとして「最高級のものを贈った」という事実が残る花といえそうです。

 

西洋(英語)での花言葉は・・・

「mature charm(成熟した大人の魅力)」

とされています。

 

日本のものと同じく、優雅で美しい貴婦人を思わせる意味があるようです。

 

 

カトレアの特徴

ラン科カトレア属の花の総称です。

ラン科の中で最も栽培が盛んなものの1つで品種も豊富です。

 

2枚の花びらと3枚の萼片のほか、花びらが変化した唇弁(リップ)の6つから成り立っている姿が、何ともいえない美しさをかもし出しています。

 

フォーマルな花としてパーティーや発表会に用いられることも多いです。

ブーケなどだけでなく、コサージュや髪飾りなど身に着けるものに使用することも多いです。

 

また、品種が無数に存在するため、花の大きさも色もまちまちです。

色は品種によって 白、赤、ピンク、オレンジ、黄色、オレンジ、グリーンなどがあります。

 

見た目が美しいだけでなく、甘く優しい香りをただよわせているのも特徴の1つです。

原産は中南米でコスタリカの国花にもなっています。

 

出回り時期は1年中ですが、最盛期は 10~2月です。

花持ちの期間は7~10日程度です。

 

「カトレヤ」と呼ぶ人も多いかもしれませんね。

もし見かける機会があれば、ぜひ花言葉を思い出して下さいね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ