楽しく為になる情報をお届けします!

アトピーの赤ちゃんや子供に効果的な日焼け止めのタイプや塗る頻度!

アトピー 赤ちゃん 子供 日焼け止め

アトピーの赤ちゃんや子供に効果的な日焼け止めのタイプや塗る頻度!寒さが和らぎ暖かくなってきたら、赤ちゃん 子供さんと一緒にお出かけする機会も増えますよね。

 

ただし、春は1年の中でも最も紫外線が強い季節です。

 

特に、アトピーなどの皮膚トラブルを抱えている場合、日焼け止めの刺激は大丈夫なのかと心配になるママさんもいますよね。

 

もちろん大人よりも刺激に弱いため、日焼け止めを使用する際は、タイプや塗る頻度、タイミングなどもしっかり考慮する必要があるでしょう。

 

そこで、今回はアトピーの赤ちゃんや子供に効果的な日焼け止めについてご紹介します!

Sponsored Link

 

アトピーの赤ちゃんや子供に日焼け止めは使える?

アトピーを持つ赤ちゃんや子供は、特に肌のバリア機能が弱いということがいえます。

 

つまり、紫外線の刺激もアトピーを悪化させる原因になるため、外出時は特に気を配る必要がありますね。

 

紫外線対策といっても方法は様々ですが、最も確実に効果を得られるのは日焼け止めのクリームやローションを使用することです。

 

日傘やベビーカーの幌、UVカットの衣類などもありますが、角度によっては日光をまともに受けてしまうこともあります。

 

アトピー性皮膚炎の赤ちゃんやお子さんには、低刺激のものを選ぶなど品質をしっかりと見極めることができれば、日焼け止めを使うことができます。

 

もちろん、肌の状態があまりよくない時には、いくら低刺激タイプであっても日焼け止め自体が肌の負担になることもあります。

 

そういう時は、医師と相談しながら使用していきましょう。

 

Sponsored Link

 

アトピーの赤ちゃんや子供に効果的な日焼け止めのタイプは?

日焼け止めを使用する際の注意点として・・・

・紫外線吸収剤が入っていない
・合成界面活性剤が入っていない
・ノンケミカル(化学物質が不使用)
・SPFが高過ぎないものを選ぶ

などが挙げられます。

 

アトピーに関して特に気を付けたいのが紫外線吸収剤で、赤ちゃん用品店などに売られている商品にも使用されている場合があります。

 

紫外線吸収剤は「紫外線を皮膚の表面で一度吸収したあとに体外に排出する」という仕組みの日焼け止めです。

 

確かに効果が高いのですが、アトピーの赤ちゃんや子供の肌には負担がかかるため、使用しない方がよいです。

 

主に紫外線B波の防止効果を表すSPFが高い商品は、基本的に紫外線吸収剤を使用したものが多いので、SPF15くらいまでのものを選びましょう。

 

なお、SPFとともに紫外線A波の防止効果を指すPAについては、++までで十分です。

 

これらが低いと効果の持続が短いということになりますが、こまめに塗り直せば問題ありません。

 

特に日差しが強い日に1~2時間以上外出する場合、途中で塗り直してあげましょう。

 

おすすめの日焼け止めの商品は?

アトピーのある赤ちゃんや子供でも使用できる日焼け止めをいくつかご紹介します。

 

【アロベビー UV&アウトドアミスト SPF15 PA++】
100%天然由来成分で、紫外線吸収剤も使用されていないため、顔にも安心して使うことができます。

スプレータイプなので、塗ることによる摩擦の刺激もなく、気になる時にさっと使用できます。

また、特別なクレンジングも不要で、お湯だけで落とすことができるのも便利ですね。

 

【pax baby UVクリーム SPF17 PA+】

ノンケミカル、紫外線吸収剤不使用ですが、SPF17と高い効果があります。

保湿効果も高く、乾燥が気になる子供さんにおすすめです。

 

【2e UVプロテクトミルク SPA20 PA++】
資生堂のスキンケアに特化したブランドが開発した、赤ちゃんにも優しい日焼け止めです。

このシリーズは皮膚科や調剤薬局で販売されていて、アトピーの赤ちゃんやお子さんが使用しても安心だと医師から勧められることも多いです。

乳液タイプなので、サラサラしていて塗りやすいのも嬉しいポイントです。

 
赤ちゃんの夏の散歩!毎日行くべき?時間帯や服装選びは?
 

 

日焼け止めの塗り方・タイミング・頻度は?

日焼け止めでおすすめされるタイプでも、赤ちゃんや子供の 肌に合わないというものもあります。

 

特にアトピーは原因がはっきりしていませんので、尚更その傾向が強いです。

 

はじめて使用する商品の場合には、少量を肌に付けてみて肌荒れなどが起こらないかを確認する「パッチテスト」を行うようにしましょう。

 

日焼け止めを使用する際には、汗や汚れを拭き取って清潔な状態で塗るようにします。

 

もしも、乾燥などが気になる時は、あらかじめ保湿クリームなどを塗って肌を保護した上で、日焼け止めを塗ってもよいでしょう。

 

塗り方としては、ママの指の腹を使ってゆっくりと優しく伸ばしていきます。

 

使用量は商品ごとに変わってくるため、使用する商品の説明書を確認してください。

 

塗るタイミングとしては、外出の30分くらい前に塗ります。

 

得られる効果は1~2時間程度なので、それ以上長く外にいる時には2時間毎の頻度で塗り直してあげましょう。

 

また、日焼け止めはしっかりと落とすこともとても大切です。

 

お風呂に入った際、よく泡立てた石鹸を使って優しく洗ってしっかりと流しましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

お子さんのアトピーに悩まされるママさんも多いと思いますが、帽子や長袖の着用と合わせて、日焼け止めも使った紫外線対策を行っていきましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ