楽しく為になる情報をお届けします!

カレーを甘くする方法!子どもが喜ぶマイルド仕上げの裏ワザ!

カレー 甘くする 方法

カレーを甘くする方法!子どもが喜ぶマイルド仕上げの裏ワザ!大人も子どもも、カレーは家族みんなが大好きな食事のメニューですよね。

 

家庭の冷蔵庫にある材料で作れるので、主婦の強い味方です。

 

ただ、お子様が小さいうちは辛口のカレーは作れないので、大人にはちょっと物足りないということもありますね。

 

辛口のカレールーで作っても、味をまろやかにする食材や調味料を利用することで、子どもが食べられるように甘くすることもできますよ。

 

そこで、今回はカレーを甘くする方法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

カレーを甘くする方法・りんごや梨、バナナ、キウイで!

辛口のカレーを甘くするには、果物を活用するのがおすすめです。

 

市販のルーには、原料にりんごなどの果物を使っていることもあり、煮込むと味が馴染みやすいです。

 

りんごや梨があれば、すりおろしてカレーに入れてみましょう。

 

甘味と優しい酸味がプラスされて深い味わいになります。

 

大人は辛口の方がいいという場合は、できたものを子ども専用の鍋にうつしてから加えるとよいですね。

 

バナナをつぶして入れると、カレーにとろみが付き、甘味もグッと増してまろやかになります。

 

ただし、バナナは甘味が強いので、少量ずつ入れて味を見ながら調節していきましょう。

 

裏ワザとしておすすめなのがキウイです。

 

小学生くらいになると好き嫌いも出てきますので、「気持ち悪い」という子もいますが、大丈夫です。

 

しっかりすり潰してから入れると、カレーが甘くなる割には独特の酸味が気にならないので、気付かれることなく美味しく食べてもらえることがほとんどです。

 

 

カレーを甘くする方法・牛乳やバター、ヨーグルトで!

牛乳やバターなどの乳製品は、カレーを甘くするだけでなくコクを出す効果もあります。

 

カレー4皿分程度に対して、牛乳であれば100~200cc、バターなら大さじ1~2程度でOKです。

 

ヨーグルトを隠し味にするのも有名ですね。

 

インドカレーにはヨーグルトはよく使われていますし、タンドリーチキンなどもヨーグルトが原料に含まれています。

 

実はカレーとの相性が抜群なのです。

 

辛味はマイルドになり、その上に酸味が加わるとコクが出て味わい深くなります。

 

プレーンよりも甘味のあるものがよいですが、大さじ2~3杯を目安にそこから調節してください。
 

Sponsored Link

 

カレーを甘くする方法・はちみつや水飴、イチゴジャムも!

子ども用のカレールーには、はちみつが原料として使われていることがあります。

 

はちみつは、カレーを甘くするだけでなくとろみ付けにも役立ちます。

 

甘さもマイルドで味に馴染みやすく、スパイスの香りを引き立てるという効果もあるのです。

 

はちみつを加える際は、カレールーを入れる直前にするととろみ付けがよくなります。

 

 

また、裏ワザとして水飴を加えても、似たような効果が得られます。

 

翌日になると固くなったように感じますが、火にかければ元に戻りますよ。

 

イチゴジャムなどのジャム類も、カレーの隠し味によく使われます。

 

ジャムを使った場合も、甘くするだけでなくとろみ付けの効果も得られます。

 

柑橘系のジャムを使うと、爽やかなカレーに仕上げることもできますね。
 
カレーを辛くするスパイス!タバスコ・豆板醤・一味・ラー油も!
 

 

コーンスープやケチャップ、マヨネーズでも!

朝食の定番、コーンスープの素もカレーの辛みを抑えるのに利用できます。

 

できあがったカレーに、お湯で溶いたコーンスープをお好みの量入れるだけです。

 

コーンの自然な甘さが、美味しいカレーに仕上げてくれます。

 

 

ケチャップやマヨネーズも、できあがったカレーにちょい足しする調味料として重宝します。

 

マヨネーズをかけると、酸味が加わりマイルドで深い味わいになります。

 

ケチャップの場合も、トマトの酸味がスパイスを引き立てますが、甘くなっていますので子どもでも食べやすいです。

 

 

カレーを甘くする方法は他にもたくさんあります。

 

甘口と辛口、2種類作るのはどうしても大変ですので、辛口を作ってから別の鍋に半分うつして甘くするとよいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ