楽しく為になる情報をお届けします!

冬の脱水症状!主な症状・原因・対策は?子供や高齢者は特に注意!

冬 脱水症状

冬の脱水症状!主な症状・原因・対策は?子供や高齢者は特に注意!脱水症状というと、夏の暑い時期に起こすものというイメージがあると思います。

 

しかし、実際は1年中起こる可能性があります。

 

寒い冬でも脱水症状を起こしやすいというデータも存在します。

 

とくに、子供やお年寄りの場合、重篤な症状を引き起こしてしまうリスクもあるため、十分注意することが必要です。

 

そこで、今回は冬の脱水症状の主な症状、原因、対処法についてご説明します。

Sponsored Link

 

冬の脱水症状・主な原因は?

汗をかきにくい冬に「なぜ脱水症状を起こすのか」、不思議に思われるかもしれませんね。

 

ただ、冬は空気が乾燥していることが原因の1つとなっています。

 

エアコンなどを使うことでさらに空気が乾燥し、体から水分が奪われやすいのです。

 

さらに、夏場よりも水分の摂取量が少なくなるため、水分不足に陥る人が多いといわれています。

 

 

また、 風邪やインフルエンザ、ノロウイルス、ロタウイルスなどの感染症や胃腸炎によって、高熱や嘔吐、下痢などで大量に水分を放出してしまうと、脱水症状のリスクが高まります。

 

冬に多いウイルス系の病気は特に下痢を伴うことが多く、体の水分を大量に奪われる原因になるため、失われた分をしっかり補給することが大切になってきます。
 
水分の摂り過ぎは水中毒で死亡することも!許容摂取量は?
 

 

冬の脱水症状に見られる主な症状は?

体の中の水分が減ると血液量が減ってしまうため、様々な不調が現われます。

 

また、冬は空気が乾燥しているため、体内の水分不足に気付かないこともあります。

 

脱水症状の前兆としては、下記のような症状が見られます。

・手先や肌、口の中の乾燥
・体がだるい
・ふらつき、めまい
・頭痛
・便秘
・トイレの回数が減る
・尿が黄色い

 

トイレの回数が減ると、老廃物も排出されず体内に残ってしまいます。

 

状態が悪化すると吐き気などが起こることもあります。

 

この状態で嘔吐や下痢をするとさらに体から水分が奪われます。

 

さらに重症化すると・・・

・体が痙攣(けいれん)を起こす
・意識が朦朧(もうろう)とする
・意識を失ってしまう

といった症状に陥ることもあります。

 

乾燥が厳しい冬こそ、水分をしっかり補給する必要がありそうです。

 

その他、ノロウイルス、ロタウイルスなどでは下痢が主な症状の1つですから、体内の水分が大きく奪われることを想定しておく必要があるでしょう。
 

Sponsored Link

 

冬の脱水症状・子供や高齢者は特に要注意!

子供の場合、水分や電解質の再吸収を行う腎機能が未発達のため、大人よりも脱水症状を起こしやすいです。

 

自分の意志で水分補給ができない乳幼児には、大人がしっかり水分を与えましょう。

 

特に子供が嘔吐や下痢をしている時は気を付けてください。

 

また、高齢者の場合は喉の渇きを自覚しにくく、食事量も減りがちなので脱水状態になりやすい傾向があります。

 

重症化すると命の危険にさらされることもあるため、一緒に住んでいる家族が何か変わった様子はないかチェックしておくことも大切です。
 
熱中症になりやすい時期・環境・条件・人による体質もある?
 

 

冬の脱水症状を防ぐ対策は?

まず、乾燥の激しい冬は、日頃からしっかり水分補給をするようにしましょう。

 

白湯などを飲むのがおすすめです。

 

スポーツなどで大量に水分が失われた時は、電解質や糖分なども補給できるスポーツドリンクなどを取り入れるのも対策の1つです。

 

下痢や嘔吐などがある時は、経口補水液を利用するとよいですね。

 

特に、子供や高齢者がいるご家庭では、脱水症状を起こした時のために経口補水液を常備しておくことをおすすめします。

 

もちろん、常備してあれば、冬だけでなく夏でも利用できますね。

 

もし軽い脱水症状を起こしていると疑われる場合は、少量ずつ与えるようにし、一気に飲ませないように注意してください。

 

その他、日常的な対策としては、空気を乾燥させないように 加湿器を利用したり、濡れたタオルを部屋に干すなどで湿度を上げることも有効です。

 

冬でも、寝る前にコップ1杯の水を飲むようにするとよいでしょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ