楽しく為になる情報をお届けします!

塩トマト甘納豆の作り方!栄養・効果・カロリーは?ダイエット向き?

塩トマト甘納豆 作り方

塩トマト甘納豆の作り方!栄養・効果・カロリーは?ダイエット向き?最近、塩トマト甘納豆が健康によいと話題になっていますね。

 

ただ、実際にどんな栄養成分が含まれ、どんな効果効能があるのかご存知でしょうか…。

 

そのカロリーやダイエットに向いているかも気になるところです。

 

コンビニなどで塩トマト甘納豆を購入するとそこそこのお値段なので、毎日続けるのは難しいと思っている人も多いですが、じつは家でも作ることができますよ。

 

そこで、今回は塩トマト甘納豆の作り方と、その栄養や効果についてご説明します!

Sponsored Link

 

塩トマト甘納豆の作り方!

早速、 作り方をご紹介します。

 

ミニトマトのヘタを取ってよく洗い、半分に切ります。

 

鍋にミニトマトと砂糖を入れて焦がさないように5分ほど煮ます。

 

しばらくそのまま冷まし、1時間ほどしたらミニトマトのみをざるなどに重ならないように並べます。

 

半日ほど天日干しするとセミドライになります。

 

仕上げにを少々振りかければ完成です。

 

ちょっと時間はかかりますが作り方は難しくないので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

 

塩トマト甘納豆の栄養と効果!

トマトには、リコピンをはじめ、ビタミン、ミネラルなど豊富な栄養が詰まっています。

 

塩トマト甘納豆のように乾燥させると、水分が抜けることでさらに栄養分が凝縮されます。

 

リコピンは生トマトの2倍も含まれているといわれています。

 

他の栄養素も凝縮されていますが、加熱する作り方の場合は ビタミンCのように熱に弱い栄養素は減ってしまっています。

 

リコピンには抗酸化作用があるので・・・

・血液サラサラ効果
・美肌効果
・動脈硬化の予防
・抗ガン作用
・悪玉コレルテロールの減少
・生活習慣病の予防

などの効能が期待できます。

 

リコピンだけでなく、β-カロテンにも抗酸化作用があるため、塩トマト甘納豆にするとおやつに食べるだけで アンチエイジング(若返り)の効果を持つ栄養素を摂取することができます。

 

また、β-カロテンは体内でビタミンAに変換される特徴があるため、皮膚や粘膜を保護し、免疫力を強化することもできます。
 

Sponsored Link

 

塩トマト甘納豆のダイエット効果とカロリーは?

トマトに含まれるリコピンやβ-カロテンには抗酸化作用があります。

 

もちろん塩トマト甘納豆にもこの作用があり、体内で増える活性酸素を除去することで、血行がよくなり代謝がアップします。

 

そのため、脂肪燃焼効果が高く、ダイエット効果も期待できます。

 

ただし、砂糖をたくさん使っているため、ダイエット向きとは言い難い面もあります。

 

カロリーは作り方によっても異なりますが、100gあたり 358kcalほどあります。

 

トマトはダイエット効果が期待できる野菜ですが、普通のドライトマトにして食べたほうがよいかもしれません。

 

また、塩分も含まれますので、食べ過ぎには注意しましょう。

 

市販の塩トマト甘納豆は砂糖や塩が多めに使われているため、控えめにした作り方で手作りしたほうがヘルシーです。
 
プチトマトの保存!長持ちするのは?冷蔵・冷凍の方法とヘタは?
 

 

塩トマト甘納豆の食べ方!アレンジできる?

そのまま食べても美味しいですが、アレンジして食べることもできます。

 

簡単なのはパン作りの際に混ぜることです。

 

ホームベーカリーなどでも混ぜることができます。

 

いつもの作り方の生地に塩トマト甘納豆を混ぜるだけです。

 

また、パンケーキに混ぜても美味しくいただけます。

 

他にはヨーグルトと一緒に食べたり、クリームチーズなどと一緒にクラッカーに載せる食べ方もありますよ。

 

工夫次第でアレンジも広がりますので、色々と挑戦してみてくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ