楽しく為になる情報をお届けします!

かいわれ大根の栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?

かいわれ大根 栄養

かいわれ大根の栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦との相性は?手巻き寿司やお蕎麦を食べる時の薬味などとして重宝される 「かいわれ大根」

ピリッと辛くて、サラダなどの味のアクセントにもなりますね。

 

野菜は旬や天候などによって価格変動が激しいですが、一年を通していつでも安定してリーズナブルに購入できるのも魅力的です。

 

これに加えて、 栄養価 健康維持効果が高ければ、もっと嬉しい食材ですね。

 

そこで、今回はかいわれ大根の主な栄養成分や効果、効能、カロリーについてご紹介します!

Sponsored Link

 

かいわれ大根の主な栄養成分とカロリーは?

かいわれ大根は、 種子を発芽させ緑化させたものです。

 

5~10日程で食べられる大きさに育つので、1年を通して安定した価格で購入できるのです。

 

大根に含まれるイソチオシアネートも含まれているほか、大根には含まれないβ‐カロテン、ビタミンC、Kも豊富に含まれています。

 

可食部分100gあたりのカロリーは 約20Kcalととてもヘルシーです。

 

ただし、独特の辛み成分もあるため、肉や魚の嵩増しとしてたくさん食べる野菜としては向かないかもしれませんね。

 

 

かいわれ大根の効果・効能は?

かいわれ大根は、その辛味成分でもある イソチオシアネートが代表的な栄養成分で、様々な効能があることがわかっています。

 

このイソチオシアネートには、抗菌作用、食欲増進効果、肝臓の解毒作用などがあるとされています。

そして特に、がん細胞の抑制効果が注目を浴びています。

 

かいわれ大根は、野菜の中でも 「スプラウト(新芽)」と呼ばれる種類の野菜で、これらは発がん性物質を抑える効果が高いことでも知られています。

 

また、他にもメラトニンというがん細胞を抑制する効果を持つ成分も含まれているため、がんに対する効能は高いといえます。

 

他にも、イソチオシアネートには、代謝を高めて脂肪を付きにくくするというダイエット効果も認められています。

 

 

β‐カロテンは緑黄色野菜に多く含まれる栄養分ですが、風邪や感染症の予防に役立ちます。

 

活性酸素を除去する抗酸化作用も強く、動脈硬化をはじめとする生活習慣病の予防やアンチエイジングにも有用です。

 

さらに、β‐カロテンは体内に入ると ビタミンAに変性する特徴があるため、皮膚や粘膜の保護にも役立ちます。

 

かいわれ大根はビタミンCも摂取できるので、βカロテンとの相乗効果によりシワやシミなどの予防も期待できます。

 

 

かいわれ大根の栄養・妊婦さんとの相性は?

出産を控えた 妊婦さんには、ビタミンKを多く含むかいわれ大根はおすすめの野菜です。

 

ビタミンKは血液凝固の作用があり、出産時の出血を少なくしてくれるという働きがあります。

赤ちゃんの出血予防にもなり、頭蓋内出血や消化管出血を防いでくれます。

 

ビタミンKは骨の健康維持にも役立つので、骨や爪がもろくなりやすい妊婦さんは積極的に食事に取り入れてみてください。

 

ただし、辛味成分が胃腸に刺激を与えてしまうこともあるので、食べ過ぎには注意してくださいね。

 

 

かいわれ大根の栄養や効果、効能についてご紹介しました。

種から自宅で育てることもできる節約食材ですが、栄養も満点ですので、ぜひ食卓に取り入れてみましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ