楽しく為になる情報をお届けします!

撫子の花名の由来と花言葉!色別・英語では?日本女性を象徴する花!

撫子 花言葉

撫子の花名の由来と花言葉!色別・英語では?日本女性を象徴する花!昔から、女性の形容詞としてよく使われる 撫子(ナデシコ)

 

奥ゆかしく慎み深い女性のことを「大和撫子」と呼びますよね。

また、日本人女性のスポーツ選手やチームのニックネームにも使用されています。

 

撫子は、その名に相応しい愛らしい花を付けますが、そのイメージとはちょっと違った意味の 花言葉も持っています。

 

そこで、今回は撫子の花名の由来や花言葉についてご紹介します。

Sponsored Link

 

撫子の花名の由来は?

秋の七草の1つとしても知られる撫子は、学名を 「Dianthus hybrids」といいます。

 

これは、ギリシャ語で「神」という意味の「Dios」と、「花」を意味する「Anthos」を組み合わせてできた花名です。

ギリシャ人の植物学者・テオフラストゥスによって命名されました。

 

撫子というのは和名ですが、「撫でたくなるほどにかわいらしい花」という意味に由来します。

 

 

撫子の花言葉と由来!色別や英語では?

撫子の 花言葉は・・・

「大胆」「純愛」「貞節」

となっています。

 

撫子の花は、細い糸が集まってできたような形が特徴で、繊細なイメージが強いです。

その様子から、一歩下がって男性を引き立てるという意味を込めて、「純愛」「貞節」という花言葉になりました。

 

一方で「大胆」という言葉は随分イメージが変わってきますが、 西洋撫子の真っ赤な花の色に由来しています。

 

西洋(英語)での花言葉も・・・

「boldness(大胆)」

となっています。

 

品種も花の色も非常にたくさんある撫子ですが、下記のような色ごとの花言葉もあります。

・ピンク:「純粋な愛」
・赤  :「純粋で燃えるような愛」
・白  :「器用」「才能」

 

これらは、花の特徴と色の持つイメージをかけ合わせて付けられたようですね。

 

 

撫子の特徴

撫子は、日本の花というイメージが強いですが、原産は ユーラシア 南アフリカです。

品種も300種以上にもなり、世界中に分布しています。

 

日本では「大和撫子」という言葉にもあるように、女性や子供のたとえにも使われる花で、その歴史は古く、平安時代頃から親しまれていたようです。

 

秋の七草にも数えられ、様々な和歌にも登場します。

 

日本に自生している撫子の代表は「河原撫子」で、秋の七草ではこの花のことを指しています。

本州以西、四国や九州に特に多く自生し、河原だけでなく日当たりのよい山地や草地にも生息します。

 

園芸種として人気なのは、中国の「常夏」と交配してできた 「石竹/別名:唐撫子」です。

鮮やかな花色で、花が長く楽しめる四季咲きが特徴です。

 

他にも、ヨーロッパ原産のヒゲ撫子、タツタ撫子などが、日本でよく見られる品種です。

 

高温多湿にさえ注意すれば、夏以外の時期には綺麗な花を咲かせてくれるので、初心者のガーデナーさんにもおすすめの花ですよ。

もし花を咲かせることができたら、花言葉を思い出してくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ