楽しく為になる情報をお届けします!

パクチーの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんとの相性は?

パクチー 栄養

パクチーの栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんとの相性は?エスニック料理には欠かせないセリ科の植物、 パクチー

 

英語では葉や果実を乾燥させて作った「コリアンダー」という呼び方が主流ですが、主に生食用の葉をタイ語に習ってパクチーと呼ばれています。

 

最近では 専門店もできるなど、日本でも人気が出てきています。

独特の香りと味で好き嫌いも大きく分かれますが、栄養価などはどうなのか気になる方も多いかと思います。

 

そこで、今回はパクチーの主な栄養成分や効果・効能・カロリーなどをご紹介します!

Sponsored Link

 

パクチーの主な栄養成分とカロリーは?

パクチーは100g当たり 24kcalとカロリーがとても低く、ダイエット中でも安心して食べることができます。

そのため、栄養価も低いのではないかと思われがちですが、実は様々な栄養成分が豊富に含まれています。

 

パクチーに含まれている主な成分は・・・

【カロテノイド】
・β‐カロテン(体内でビタミンAや脂肪組織に変換される)

 

【ビタミン類】
・ビタミンB1、B2、C

 

【ミネラル】
・ナトリウム
・カリウム
・カルシウム
・マグネシウム
・リン
・鉄

などが豊富に含まれています。

 

嫌いな人も多いですが、健康維持効果に優れた食材であることがわかります。

 

 

パクチーの効果・効能は?

パクチーに含まれる栄養成分をご紹介しましたが、これらにはどんな 効果・効能があるのでしょうか。

 

ミネラルの中で特に注目されているのがカリウムで、他のものより含有量も豊富です。

カリウムには体内の余分な水分やナトリウム(塩分)、老廃物を体外に排出する働き(利尿作用)があります。

 

そのため、むくみ解消やデトックス効果が期待できます。

また、代謝がよくなるので脂肪が燃えやすくなり、ダイエットにも期待ができます。

 

その他、 抗酸化作用の強いβ‐カロテンが含まれているため、アンチエイジングや肌の代謝をよくする効果も期待できます。

ストレスなどにより大量に増えてしまう活性酸素を抑制し、動脈硬化やガン予防などの効能を示すのが抗酸化作用ですが、女性はお肌のシミやくすみの改善の方が嬉しいかもしれませんね。

 

β‐カロチンは体内に入ると主にビタミンAに変性するため、皮膚や粘膜などの保護や視力の低下を抑える働きもあります。

 

ビタミン、ミネラルともに豊富であることからも、貧血や骨粗鬆症などの予防や免疫力の向上、美肌などの様々な効能を持ちあわせている点も嬉しいですね。
 
パクチーの育て方!プランターでの種蒔き・水遣り・害虫対策!
 

 

パクチーと妊婦さんの相性は?

人によっては、パクチーで アレルギーを起こす可能性があります。

かゆみ程度の軽い症状もありますが、中にはアナフィラキシー症状を起こしてしまう場合もあるといわれています。

 

妊婦さんの場合、普段から食べている方なら問題はないでしょう。

実際、タイやベトナムでは毎日のように食べられていますし、適度に食べる分には母体にも赤ちゃんにも悪影響はありません。

 

むしろ、 免疫力が落ちている時期なので、β‐カロテンやビタミン、ミネラルの働きで、感染症の予防をはじめ、むくみの防止、貧血予防、骨密度の低下などを解消してくれます。

 

ただし、どんなものでもそうですが、偏って摂取し過ぎるのはよくありません。

パクチーのサプリメントなどもありますが、粉末状にしたものや油脂を抽出したものはアレルギーを引き起こす可能性が高まりますので、妊婦さん以外の方も適量に抑えておくのが安心です。

 

いかがでしたか?

パクチーにはたくさんの栄養があり、ダイエットやアンチエイジングにも効果があります。

適度に摂取する分には、かなりおすすめの食材です。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ