楽しく為になる情報をお届けします!

血糖値の急上昇を抑える野菜ジュース!飲む時間は?果物入りは?

血糖値 野菜ジュース

血糖値の急上昇を抑える野菜ジュース!飲む時間は?果物入りは?数年前から 「食べる順番ダイエット」が流行っていますよね。

食事の際に一定の食べる順番を守るだけで血糖値の急上昇を抑え、太りにくくするという方法です。

 

野菜を最初に食べるとよいといわれていますが、朝食など難しい時もありますよね。

そんな時は 野菜ジュースでも代用できるのでしょうか?

 

糖尿病の方にも有効な方法ですので、ぜひ知っておきたいですね。

 

そこで、今回は血糖値の急上昇を抑える野菜ジュースの効果についてご紹介します。

Sponsored Link

 

血糖値の急上昇を抑える食べる順番は?

食べるものを我慢しなくても、順番を替えるだけで ダイエット 糖尿病に効果があるのなら嬉しいですね。

 

理想的な順番とされているのは・・・

1.汁物
2.食物繊維(野菜、海藻など)
3.たんぱく質(肉、魚など)
4.炭水化物(ご飯、パンなど)

となっています。

 

やはり炭水化物が最後になっていますね。

この順番に食べていって、お腹が一杯になったらその時点で食べるのをやめるとよいです。

 

なぜこの順番がよいのかというと、はじめに汁物や食物繊維を含む野菜などを取っておくことで、炭水化物に含まれる 糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇が緩やかになるからです。

 

炭水化物は「糖質(糖類を含む)+食物繊維」で構成されており、最初に食べると血糖値が急上昇してしまうのです。

 

ですから、汁物の中にジャガイモ(炭水化物)や肉(たんぱく質)などが入っている場合は、具は食べずに汁だけを飲むようにするともっと効果的です。

 

汁物を最初に飲むことによって 満腹感を得やすいことも理由の1つです。
 
糖尿病で皮膚病が悪化しやすい?白癬菌やカンジダが活発に?
 

 

野菜が取れない人は野菜ジュースがおすすめ!飲む時間は?

とはいえ、毎食 野菜 サラダなどのメニューを準備する時間がないという人も多いのではないでしょうか。

特に、慌ただしい朝食の場合は、パンと牛乳だけという場合もありますよね。

 

そんな方には野菜ジュースがおすすめです。

野菜ジュースを飲む時間として 食事の30分前がベストで、血糖値の上昇が緩やかになるというデータがあります。

 

食事の最初ではなくちょっと前になりますが、サラダなどを用意するよりも楽ですよね。

もちろん水分を先に摂り入れることで、食べる分量が減ることも想定しています。
 
血糖値を上げない食事法!お茶・牛乳も効果的!おやつや間食も!
 

 

野菜ジュースは果物入りでも良い?

市販の野菜ジュースには 果物(果汁)が入っているものも多いですよね。

果物というと糖質が多いイメージですが、入っていても大丈夫なのでしょうか。

 

果物に含まれている糖質は 果糖です。

果糖は同じ糖類でも血糖値の上昇を抑える効果があります。

 

ですから、多少果汁が入っていても問題ありません。

果物は食物繊維やビタミンなども豊富なので、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるものなのです。

 

もう1つ野菜ジュースで注意したいのは 人参です。

人参は実は血糖値を上げやすい野菜の1つです。

 

したがって、人参ジュースなど人参をメインにしている場合は、摂り過ぎになってしまう可能性もありますので、避けた方が良いでしょう。

 

その他、飲みやすくするために、野菜や果物以外に ブドウ糖 甘味料を入れているものもありますが、それはNGです。

 

野菜ジュースで一番おすすめなのは、自分で野菜を選んで作ったものです。

ちょっと手間はかかりますが、作り立てのものには食物繊維やビタミンだけでなく、酵素も含まれているのでダイエットにも効果を発揮します。

 

小松菜などに果物を入れて作るグリーンスムージーもおすすめですよ。

 

ただし、これは野菜ジュースやスムージーに関することで、みかんやりんご、バナナなどを大量に食べると糖質の摂り過ぎになりますので、気を付けてくださいね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ