楽しく為になる情報をお届けします!

足の指の付け根が痛い原因!親指・人差し指・中指・薬指・小指は?

足の指の付け根が痛い

足の指の付け根が痛い原因!親指・人差し指・中指・薬指・小指は?足は疲れが溜りやすく、また合わない靴を履いたり、重心のかけ方が偏ったりするだけで 痛みが出やすいですね。

 

足の指の付け根も痛みが出やすい部分ですが、その原因は様々あります。

どの指に症状が出ているかで原因も変わってきますので、対処法も異なってきます。

 

あまりにも長引くようであれば、病院を受診する必要もあるでしょう。

 

そこで、今回は足の指の付け根が痛い時の原因や対処法などについてご紹介します。

Sponsored Link

 

足の指の付け根が痛い原因・リウマチの可能性も?

一言で 足の指の付け根が痛いといっても原因は様々です。

 

例えば、親指が痛い時には靴が合っていないことや、スポーツなどの激しい運動が原因であることが多いです。

特に多いのは「外反母趾」といわれるもので、固い靴やきつい靴を履いていて、接触によって負担がかかるために起こる痛みです。

 

「種子骨炎」という、親指の付け根にある 母趾球の炎症も親指に起こりやすく、立ち仕事やスポーツをしている人に多く見られます。

 

人差し指や中指に症状が出る場合は、足を蹴り出す時に痛みが出やすく、「中足骨頭痛」というものかもしれません。

土踏まずが高い人などに起こりやすいです。

 

小指の場合は「内反小趾」かもしれません。

これは、小指の付け根が腫れて痛みが出るもので、外反母趾と同様の理由で起こります。

 

また、手指の関節に痛みが出やすいリウマチの初期症状として、足の指の付け根が痛いということもあります。

手指の痛みやむくみとともに足の指にも症状が出た場合は、リウマチの可能性もあるでしょう。

 

 

足の指の付け根が痛い原因・他に考えられる病気は?

神経系の病気や加齢、肥満、痛風などが原因になることがあります。

 

足の中指と薬指の間に起こる痛みの場合は、「モートン神経腫」という足の付け根に負担がかかり、神経にストレスが溜って起こる症状の可能性もあります。

 

肥満によって足に脂肪が付き過ぎてしまうと、靴を履いた時の圧迫が増すため、痛みなどの症状が増えることがあります。

また、体重が増えればその分足への負担も増えるので、痛みの原因になるでしょう。

 

逆に、加齢によって脂肪が減ってしまうと、 骨への衝撃が増し、症状が出やすくなることにも繋がります。

 

痛風は尿酸値が上がることで起こる病気ですが、症状の1つとして足の親指の付け根に電気が走るような痛みが出ます。
 
くるぶしの痛み!内側と外側の主な原因は?
 

 

足の指の付け根が痛い場合、病院は何科に行くべき?

例えば、靴が合わないことで起こる外反母趾や内反小趾、中足骨頭痛などの場合は、 整骨院 接骨院 整形外科を受診してみましょう。

 

なかには足の痛みを専門とした医院もあります。

 

痛風の場合は内科、リウマチの場合はリウマチ科での治療が必要になります。

 

足は体重を支えてくれるので、どうしても負担がかかり、痛みがあればストレスになります。

長引く時には疲れなどの一過性のものと思わず、一度病院を受診して根本的に治療することをおすすめします。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ