楽しく為になる情報をお届けします!

はまぐりの栄養と効果・効能・カロリー!妊婦さんとの相性は?

はまぐり 栄養

はまぐりの栄養と効果・効能・カロリー!妊婦さんとの相性は?貝類の中で、しじみにはたくさんの健康パワーがあると有名ですが、 他の貝はどうなのでしょうか。

美味しさ重視であまり考えたことがないかもしれませんね。

 

はまぐりは実も大きいですし、もっと栄養が詰まっていそうな感じがしませんか?

実は、貝類は海の中の溶けている ミネラル ビタミンを殻の中に閉じ込めているので、体に悪いはずがありませんね。

 

そこで、今回ははまぐりの主な栄養成分と効果・効能・カロリーについてご紹介します!

Sponsored Link

 

はまぐりの主な栄養成分とカロリーは?

はまぐりの主な栄養成分として、まず タンパク質、ビタミンA、B1、B2、B6、B12、葉酸、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンC、Eが豊富です。

 

ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、マンガン、リン、鉄、亜鉛、銅などのミネラル類も含まれています。

海の栄養素を取り込んでいるだけあって、ビタミンはA~Eまで、ミネラルも非常に豊富といっていいですね。

 

他にも、 タウリン、グリシン、グルタミン酸、アスパラギン酸、グリシンなども含まれており、やはり海底で海のパワーを吸収しているだけのことはありますね。

 

タンパク質や脂質は少なめなので、カロリーも控えめです。

生のはまぐりは可食部100gあたり38kcalです。

 

佃煮にしたりすると多少カロリーは上がりますので注意してください。

 

 

はまぐりの効果・効能は?

二日酔いの予防にしじみがいいといわれていますが、はまぐりも効果ありです。

グルタミン酸、タウリン、ベタインというアミノ酸が、肝臓の機能をサポートする働きがあるのです。

 

特に、タウリンの含有量は100gあたり550mgと、他の貝類と比べても多いのが特徴です。

さらに、グルタミン酸やナイアシンにもアルコール代謝を促進する効果があるといわれています。

 

タウリンは栄養ドリンクなどにも含まれていますが、はまぐりにはアスパラギン酸も含まれていますので、特に 疲労回復に優れています。

 

他の効能として・・・

・デトックス作用
・むくみの解消
・筋肉や骨の強化
・貧血予防
・美肌作り
・動脈硬化の予防
・脳の活性化

などがあるといわれています。
 
はまぐりの砂抜き!短時間ならお湯を使って!
 

 

はまぐりの栄養・妊婦さんとの相性は?

妊婦さんは気を付けたほうがよい食材もあるため、二枚貝であるはまぐりは大丈夫なのかと心になるかもしれませんね。

 

やはり生ものは控えたほうがいいといわれていますが、特に貝の場合は食中毒の危険性がありますのでしっかり加熱しましょう。

十分加熱してあれば、妊婦さんが食べても問題ありません。

 

葉酸やカリウム、カルシウム、亜鉛、タウリンなど、妊婦さんの強い味方になってくれる栄養素もたくさん含まれているので、むしろおすすめの食材といえます。

むくみ予防、骨の強化の他、胎児の成長にも有効な成分が豊富ですね。

 

ただし、何事も食べ過ぎは禁物です!

食べ過ぎると下痢になる恐れがあるので、1日の量としては100g以内に収めましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ