楽しく為になる情報をお届けします!

パソコン画面やキーボードの汚れの落とし方!スライムが有効!

パソコン 汚れ 落とし方

パソコン画面やキーボードの汚れの落とし方!スライムが有効!パソコンを使っていて、気が付いたら 「結構汚れているな~!」ということありますよね。

 

キーボードの隙間の汚れなどが気になって掃除したくても、手に付いた脂分だったりするとなかなか簡単に落とすことができません。

 

せいぜい掃除機を直接当てて、ゴミを吸い取るだけという人も多いのではないでしょうか…。

画面の方も 手垢だらけで見づらくなってしまうことも珍しくありませんね。

 

そこで、今回はパソコンの画面やキーボードの汚れの落とし方についてご紹介します!

Sponsored Link

 

パソコンのキーボードの汚れの落とし方・スライムは有効?

パソコンの掃除用品は意外と様々ありますが、便利な スライムもありますね。

専用のものなので安心して使えます。

 

ゲル状なので、キーボードの隙間に入り込んだゴミや汚れまで簡単に落とすことができます。

使い捨て用のものと、繰り返し使うタイプのものがあります。

 

一度使っても吸着力は落ちませんので、汚れが付いた部分だけをちぎってまた使ったり、洗ってまた使ったりすることができて経済的です。

 

ただし、ゴミの侵入を防ぐためにあらかじめ隙間が狭いキーボードの場合は、うまく入り込まないのでゴミやほこりが残ってしまいます。

 

そして、ほこりやゴミを取り除くことはできますが、拭いたり擦ったりするわけではないのでシミなどの汚れは落ちません。

また、 除菌効果もほとんどありません。

 

スライムで大きなごみを取った後、拭くのが一番かもしれませんね。

除菌効果のあるウエットティッシュなどでも綺麗になりますが、心配な方はOA用のウエットティッシュを使いましょう。

 

キーボードは 手の脂分が徐々に付いていきますので、スライムをはじめ他の専用掃除用品を使って定期的に汚れを落としておきたいですね。

 

 

パソコン画面の汚れの落とし方にアルコールはNGなの?

液晶画面の汚れにアルコールは NGです。

 

パソコンだけでなく、テレビなどもダメですよ。

市販のウエットティッシュにもアルコールが含まれているものがあるので注意しましょう。

 

アルコールはフィルターを傷つけてしまう可能性があるのです。

一度使っただけでダメになるということはまずないかと思いますが、取り返しのつかないことになる場合もあります。

 

また、洗剤や水も NGです。

 

パソコン画面の汚れを落とすには、まずほこりを落とします。

柔らかい毛先のブラシやダスキンなどを使ってほこりを落としましょう。

 

その後、カメラやメガネレンズ用のクリーニングクロスを使って、力を入れずに何度も拭くのがおすすめです。

 

 

パソコンの汚れを防止する方法は?

キーボードの場合は、 シリコン製のカバーを付けるのがおすすめです。

使い勝手は少し悪くなりますが、ほこりも中に入りませんし、汚れも簡単に拭き取ることができます。

 

他には、使っていない時にはきちんと閉じておくか、ハンカチやタオルなどをかけておくということだけでも違ってきます。(※ノートの場合)

画面の方は汚れた手で触らないように気を付けましょう。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ