楽しく為になる情報をお届けします!

夏の赤ちゃんの服装!部屋で過ごす時・外出する時・夜寝る時!

夏 赤ちゃん 服装

夏の赤ちゃんの服装!部屋で過ごす時・外出する時・夜寝る時!生まれたばかりの 赤ちゃんは、大人とは違い外気温に合わせて体温を調節することができません。

したがって、服装の選び方というのも大切な育児のポイントになってきます。

 

暑い夏には、汗疹などの皮膚トラブルを避けるためにも、特に赤ちゃんの衣服には気を配りたいものです。

「暑い・寒い」がいえない時期であれば、尚更大人が配慮してあげましょう!

 

そこで、今回は夏の赤ちゃんの服装について各シチュエーション毎にご紹介します。

Sponsored Link

 

夏の赤ちゃんの服装・部屋で過ごす時は?

赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、 「大人より1枚少なめ」が目安になります。

 

赤ちゃんは手足で体温調節をしようとするので、手や足が冷たくなって薄着させることが心配になることがありますが、お腹を触ってみて冷たくなければ大丈夫です。

 

特に夏の暑い時期は、赤ちゃん連れだと外にも出づらいので、 部屋の中で過ごすことが多くなってきますね。

部屋で過ごす時は、エアコンなどで室温を調整していると思いますので、肌着+カバーオールやロンパースなどのアウターが基本です。

 

重ね着をさせる時は、それぞれの素材が薄手のものを選ぶようにしましょう。

特に酷暑の時には、肌着1枚でも十分です。

 

綿などの汗の吸収が良いさらっとした素材の肌着を選ぶようにしましょう。

質の良い肌着を着せていることで、汗疹や汗冷えを防ぐ効果も期待できますよ。
 
赤ちゃんの夏の散歩!毎日行くべき?時間帯や服装は?
 

 

夏の赤ちゃんの服装・外出する時は?

外出時は、肌着の上から1枚 ベビー服を着せるようにします。

 

肌着は汗を吸収するという役目があるので、暑そうだなと思っても着せておいてください。

かわいいデザインの肌着もあるので、暑い日は肌着だけで着られるもので外出するのもいいですね。

 

また、スーパーやショッピングセンターなどの施設などに出かけると、 冷房が効き過ぎていることもあります。

そういう時には、長袖の上着ベビーカーのブランケットなどで、冷え過ぎないように調節することも大切です。

 

また、屋外で過ごす時には、紫外線や虫除け対策に長袖を選ぶこともあるかもしれません。

そういった場合には、 通気性の良い素材を選ぶようにし、赤ちゃんの服の中に暑さがこもらないように工夫してあげましょう。
 
赤ちゃんの夏の布団・枚数や選び方!蹴る時・寝汗がひどい時は?
 

 

夏の赤ちゃんの服装・夜寝る時は?

夜寝る時は、 肌着+ベビー服、または 肌着のみでいいでしょう。

 

その日の気候などやエアコンの設定温度などに合わせて選びましょう。

また、服装だけでなく布団も合わせて調節するようにしていきましょう。

 

寝ているときには汗をたっぷりかくことが多いので、授乳などのタイミングで汗をかいていたらこまめに着替えさせます。

 

布団を蹴ってしまう赤ちゃんも多いですが、そんな時はスリーパーなどの着せこむタイプの布団を使ってみてもいいですね。

 

服装の調節は、大切な赤ちゃんのお世話の1つです。

お腹が冷えていないか触ったり、機嫌を観察しながら快適な状態にしてあげましょう。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ