楽しく為になる情報をお届けします!

夏の花粉症の主な原因植物!目の痒みが強い!有効な目薬は?

夏 花粉症

夏の花粉症の主な原因植物!目の痒みが強い!有効な目薬は? 花粉症というと春のイメージが強いですよね。

秋にもあるというのは知っている人も多いかもしれませんが、夏に症状が出る人もいます。

 

春の場合、スギが主な原因ですが、夏の場合はまた別の植物が原因になります。

様々な植物のアレルギーがあると1年中症状が出ることも珍しくありません。

 

そこで、今回は夏の花粉症の原因となる植物や症状についてご紹介します。

Sponsored Link

 

夏の花粉症の主な原因植物は?

夏の場合は、 キク科の植物であるブタクサやヨモギ、そして、 イネ科の植物のカルガヤ、 アサ科のカムナグラなどが原因になりやすいです。

 

6.7月はイネ科の植物の花粉が少量飛びますが、比較的量は少ないです。

8月になってからの方が花粉量は増えます。

 

自分が何の植物の花粉症なのか知りたい場合は、耳鼻科アレルギー科などで検査をしてもらうことも可能です。

 

イネ花粉の場合、小麦のアレルギーなども引き起こす場合もあるようです。

気になる場合は調べてもらっておいたほうがよいでしょう。
 
鼻うがいのやり方と有効な市販薬!花粉症や蓄膿症、口臭予防に!
 

 

夏の花粉症の主な症状は咳、目の痒み、鼻水?

花粉症は免疫反応が強く出る アレルギー症状ですので、春や秋とほとんど変わりなく、下記のようなトラブルが現れます。

 

・咳
・くしゃみ
・目の痒み
・のどの痒み
・耳の中の痒み
・全身の痒み
・鼻水
・鼻詰まり
・目の充血
・発熱

 

ただし、 目の痒みを訴える人が多いのも事実なので、目薬などでの対策が必要です。

 

他のアレルギーと併発すると、吐き気、めまい、呼吸困難などを引き起こすアナフィラキシーショックに陥ってしまうことがあるため、注意しましょう。
 

夏の花粉症で有効な目薬は?

目の痒みの原因はヒスタミンですので、 抗ヒスタミン成分 抗アレルギー成分が入っている目薬を選びましょう。

市販のものでは、「ロートアルガート」「クリアブロックZ」「マイティアアルピタット」などがおすすめです。

 

その他に 防腐剤の入っていない使い切りタイプのものもおすすめです。

「アイリスAGユニット」などがありますよ。
 
秋の花粉症の時期と主な症状!アレルゲンとなる物質と対策!
 

 

秋になるともっとひどくなる可能性も!

夏の花粉症の原因となっている植物の花粉は、正確にいうと 夏から秋にかけて飛んでいます。

秋になってからの方が散布量が増える場合もあるので、悪化する可能性もあります。

 

ブタクサ、ヨモギ、カナムグラのピークは 9月に入ってからなのです。

そして、10月、11月まで飛んでいますので、秋まで注意が必要になります。

 

さらに、9月になるとイラクサの花粉も飛んできます。

 

もちろん、地域やその年の気候によって飛散状況は変わってきますが、夏に症状が出た人は秋まで油断せず、しっかり対策することをおすすめします。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ