楽しく為になる情報をお届けします!

赤ちゃんの夏の布団・枚数や選び方!蹴る時・寝汗がひどい時は?

赤ちゃん 夏 布団

赤ちゃんの夏の布団・枚数や選び方!蹴る時・寝汗がひどい時は?体温調節が苦手な 赤ちゃんにとって、衣服や布団などで大人が調節してあげることがとても大切です。

夏の暑い時期であれば、熱中症や汗疹などのトラブルを避けるためにも、快適な状態にしてあげたいですね。

 

寝ていることが多い赤ちゃんの場合は、 布団の選び方もとても重要です。

今ではエアコンなどで快適な環境作りが可能ですが、それだけに頼ることもできません。

 

そこで、今回は赤ちゃんの夏の布団について、枚数や選び方などをご紹介します!

Sponsored Link

 

赤ちゃんの夏の布団・枚数や選び方は?

夏の特に暑い時期は、室内のエアコンは 27~28℃くらいに設定するのが目安になります。

冷やし過ぎは決してよくありません。

 

このくらいの室温であった場合は、寝ている赤ちゃんの布団の選び方や枚数は、ガーゼケット薄手の掛布団一枚で十分です。

 

冷房の冷気などもあるので、お腹に一枚はかけておいた方が安心ですね。

素材は、軽くてさらっとした素材のものがいいでしょう。

 

また、夏は汗をかきやすいので、敷布団の上に バスタオルを敷くなどの工夫も必要です。

使用したら、こまめに洗濯して清潔を保つようにしましょう。

 

 

赤ちゃんの夏の布団・どうしても蹴る時は?

赤ちゃんが足をバタバタさせるのは 元気な証拠です。

ですが、布団を蹴ってしまっていることもよくありますね。

 

特に夏の布団は軽い素材なので、すぐに布団を蹴って体から剥がれているということもよくあることです。

お腹が冷えると 体調不良などの原因になりやすいため、手足は少し出しておき、お腹などの胴体部分に布団をかけるようにすると蹴っても布団が剥がれにくくなります。

 

どうしても蹴ってしまう時には、ベストタイプになっているスリーパーを使うのがおすすめです。

夏の場合にはさらっとした素材のスリーパーを選び、寝る時に着せておくといいですね。

 

また、布団を蹴るということは 暑がっているという可能性もありますので、赤ちゃんの様子を見て、衣服や環境を調節してあげましょう。
 
赤ちゃんと夏のエアコン!温度設定は?夜のつけっぱなしはNG!
 

 

赤ちゃんの夏の布団・寝汗がひどい時は着替えも!

赤ちゃんはとにかく 汗っかきです。

寝ているだけの時は、特に背中に汗をたくさんかいてしまいます。

 

夜の授乳やオムツ替えで起きた時、汗をたくさんかいていたらこまめに着替えさせてあげましょう。

そのままにしておくと、 汗疹 汗冷えによる体調不良の原因になってしまいます。

 

何度も着替えさせるのが面倒だと思う時は、背中にガーゼを挟んでおき、ガーゼだけを交換する方法もあります。

洗濯物も減らせるので一石二鳥です。

 

汗をたくさんかいている時は、布団やシーツもこまめに洗ったり干したりするようにしましょう。

カビなどの原因になってしまいます。

 

赤ちゃんの夏の布団の選び方をご紹介しました。

ねんねの時期の赤ちゃんにとっては、布団が快適かどうかで ご機嫌が変わることもあります。

 

快適にしておくことにより機嫌がよくなれば、ママも育児がもっと楽しくなりますね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ