楽しく為になる情報をお届けします!

カーテンの洗い方・洗濯機で簡単に!レースは手洗いの方が良い?

カーテン 洗い方

カーテンの洗い方・洗濯機で簡単に!レースは手洗いの方が良い?なかなか洗う機会の少ない カーテンですが、どのくらいの頻度で洗っていますか?

年に1、2回という人も多いのではないでしょうか。

 

普段はあまり気にかけることは少ないかもしれませんが、実は 汚れが凄いことも…。

空気の出入りする場所に吊るしているので、ほこりや花粉、タバコのヤニなどで思った以上に汚れているんですよ。

 

自宅で簡単に洗えたら、もっと頻繁に洗濯できますよね。

 

そこで、今回はカーテンの洗い方についてご紹介します!

Sponsored Link

 

カーテンの洗い方・洗濯機で簡単に!

まずカーテンの洗濯表示を見て、 洗濯機OKの表示があることを確認してください。

 

確認できたら、洗う前にフックを外しましょう。

フックを付けたまま洗うと、生地に引っかかって傷などがついてしまうことがあります。

 

しわにならないように綺麗に畳み、 洗濯ネットに入れて洗います。

畳むことで、万遍なく綺麗に洗うことができるという効果もあります。

 

洗濯機の設定は、水流を「弱」にするか、ドライコースなどで洗いましょう。

 

洗剤は おしゃれ着洗い用のものがおすすめです。

消臭効果のある柔軟剤も一緒に入れるといいですね。

 

手洗いする場合も同じように、フックを外して綺麗に畳みます。

中性洗剤を使用して、30度以下の水で優しく押し洗いをしましょう。

 

汚れが落ちたら、洗剤をよくすすぎ、手で押し絞りをして干しましょう。

予想以上に簡単に洗えることがわかると思います。

 

 

カーテンの洗い方・カビやタバコのヤニも取れる?

思った以上に汚れがひどい場合は、 浸け置き洗いがおすすめです。

洗濯層や浴槽にカーテンを入れ、重曹漂白剤などを入れて浸け置きするのがよいでしょう。

 

タバコのヤニで黄ばんだもの綺麗になりますよ。

 

カビがひどい場合は、カビキラーなどの洗剤を付け、乾いたタオルをあてます。

そして、カビの裏側を、洗濯用洗剤を付けたブラシで優しくこすります。

 

この時点ある程度のカビをタオルに移す方がよいです。

まだ残っていてもこのあと浸け置きや洗濯機にかけると、完全に落とすことができます。
 
こたつ布団の洗い方!洗濯機・浴槽で!コインランドリーで乾燥まで!
 

 

カーテンの洗い方・レースの場合は手洗いしたほうがいい?

レースのカーテンは室内外の空気が通ることが多いので、より汚れています。

こまめに洗濯したいですね。

 

レースの方が洗濯機で洗えるものが多いです。

洗い方は普通のカーテンと同じで、フックを外してネットに入れて洗いましょう。

 

酵素系の漂白剤を入れると洗浄力がアップしますよ。

 

カーテンの干し方は?

縮みやすい素材のものが多いので、 乾燥機の使用はNGです。

 

カーテンレールに吊るして、そのまま自然乾燥させればOKです。

物干し竿などに干す必要はありません。

 

カーテンレールに吊るすことで、自身の重みでしわも伸びてくれます。

意外と簡単に洗濯できますのでぜひ試してみてください。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ