楽しく為になる情報をお届けします!

日焼け跡を早く消す方法!シミにならないよう皮膚科でのケアも!

日焼け跡 早く消す

日焼け跡を早く消す方法!シミにならないよう皮膚科でのケアも!夏は、海水浴やキャンプ、バーベキューなどの アウトドアが楽しい季節です。

ですが、アウトドアを楽しむとき、紫外線には要注意です。

 

しっかりケアしたつもりでいても、いつの間にか日焼けしてしまうこともあります。

ひどい場合は、皮が剥けたりするだけでなく、 日焼け跡としてずっと残ってしまうこともあり、当然シミになりやすいのが厄介です。

 

そこで、今回は日焼け跡を早く消す方法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

日焼け跡はシミになりやすい!

少し前までは、日焼けがおしゃれの1つという時代もありましたが、近頃、 日焼けは皮膚に悪いという認識がすっかり浸透しています。

 

日焼け跡というのは、紫外線から肌を守ろうとしてメラニン色素が作った肌のバリアです。

そして、メラニンは肌の新陳代謝=ターンオーバーによって排出され、新しい肌に生まれ変わることで次第に消えていきます。

 

ただし、過剰な紫外線を浴びてしまったりすると、ターンオーバーでもメラニンを排出しきれずに残ってしまったものが蓄積されることでシミの原因になるのです。

 

どれくらいの量の日焼けをするとシミになってしまうのかは、年齢や肌の状態、日頃の生活習慣、ストレスによってターンオーバーに 個人差がありますので一概にはいえません。

 

ただ、日常生活で少し日焼けをしてしまった程度であれば、急激にシミが増えるということにはならないでしょう。

あくまで、過剰な紫外線を浴びてしまった場合、日焼け跡がなかなか消えず、シミになりやすいと思っておきましょう。
 
紫外線の多い時期とピークは?絶対焼かない人の対策とは?
 

 

日焼け跡を早く消す方法は?

日焼け跡を早く消すためには、 肌の新陳代謝を高めるということが重要です。

不規則な生活やバランスの偏った食事、ストレスなどは、自律神経の働きを狂わせると同時に、肌の新陳代謝のサイクルを狂わせてしまいます。

 

しっかりと睡眠をとり、食事もバランスよく取るようにしましょう。

 

特に、 ビタミンA、C、Eなどが肌の新陳代謝を高めるのに重要な栄養素です。

これらは食事だけでなく、サプリメントなどで補うこともできます。

 

また、外側からのケアとしてはしっかりと保湿をすることが重要です。

その際、美白効果のある成分を含む化粧水などを使用するとなお効果的でしょう。

 

夏の日焼け跡を早く消したいという場合は、体の中からと外からのケアが必要ですね。
 
日傘の効果!白と黒のどっちが涼しい?UVカット加工の寿命は?
 

 

皮膚科でのケアがベスト?

皮膚に残った強い日焼け跡は、 皮膚科でもケアすることができます。

日焼けで病院に行くと、まずは軟膏などが処方されます。

 

この時処方されるのは主に2種類で 「トレチノイン」「ハイドロキノン」というものです。

 

トレチノインはピーリング作用があり、肌のターンオーバー機能を高めてくれます。

この薬は市販薬にはないものなので、皮膚科で処方してもらうしかありません。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の増殖を防ぎ、シミの予防をしてくれる薬です。

美白効果も高く、「肌の漂白剤」などとも呼ばれています。

 

こちらはドラッグストアなどでも入手が可能ですが、皮膚科で肌の状態を確認してもらってからの使用がおすすめです。

 

また、長年蓄積された日焼け跡などが気になる場合は、 レーザー治療も皮膚科や美容皮膚科で受けることができます。

費用や期間は、日焼け跡やシミの状態によってまちまちですが、保険が効かない治療になるので、よく考えてから受けるようにしましょう。

 

日焼け跡が気になるのであれば、紫外線に肌をさらさないという予防策が一番大切になってきます。

夏の紫外線が強い時期には、日焼け止めや帽子などでしっかり対策しましょうね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ