楽しく為になる情報をお届けします!

高野豆腐の戻し方!水・お湯・熱湯のどれ?時間短縮はレンジ!

高野豆腐 戻し方

高野豆腐の戻し方!水・お湯・熱湯のどれ?時間短縮はレンジ! 高野豆腐といえば定番は煮物ですが、最近は他にも様々なレシピが注目されています。

糖質制限やダイエットメニューとしても役立ちますね。

 

調理の前にはまず戻さなくてはいけませんが、どんな戻し方がいいのかご存知ですか?

「水で戻すんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、他にも違う方法があるのです。

 

そこで、今回は高野豆腐の戻し方についてご紹介します!

Sponsored Link

 

高野豆腐の戻し方!水・お湯・熱湯のどれがいい?

煮物などに使う場合は 50℃くらいのお湯で戻すのがベストです。

 

ボールなどにお湯を張り、高野豆腐を浮かべて10分ほどでOK。

お好みの大きさに切って調理できます。

 

ですが、最近熱湯での戻し方も注目されています。

パッケージには「熱湯で戻さないでください」と書いてあるのですが、熱湯を使用すると プルプルの食感になるのです!

 

NHKの「ためしてガッテン!」で紹介されていた方法によると、高野豆腐2個に対し1リットルのお湯を使います。

土鍋で熱湯を沸かし、沸いたら火を止めて高野豆腐を入れ、軽く沈めて蓋をして4分放置します。

 

これでプルプルの食感になります。

湯豆腐のようにそのまま食べるのがおすすめです。

 

形が崩れる場合があるので煮物には不向きですが、料理によっては熱湯での戻し方も良さそうですね。

 

 

高野豆腐の戻し方!時間短縮する方法は?

時間短縮させるには、 電子レンジを使った戻し方もあります。

 

まず、たっぷりの水に高野豆腐を3分ほど浸けます。

そして、耐熱皿に取り出し、ラップをします。

 

500Wの電子レンジで2分加熱すると柔らかく戻りますよ!

 

合計5分でできるので、ぬるま湯で戻すよりも早いですね。

急いでいる時にはおすすめです。
 
高野豆腐の主な栄養成分と効果・効能・カロリー!妊婦さんとの相性は?
 

 

高野豆腐の美味しい食べ方は?離乳食にも!

高野豆腐は 低カロリーで栄養価が高いので、普段食べなかったような若い人にも注目されてきています。

煮物だけでなく、ステーキにしたり、揚げたりしても、豆腐よりも水分が少ないので調理しやすく、美味しくいただけます。

 

また、赤ちゃんの離乳食としても重宝します。

 

離乳食初期から中期には、 おろし金で擦りおろして使います。

出汁で煮たり、かぼちゃやバナナなどと一緒に煮たりします。

 

後期になってきたら、戻したものを小さくカットして煮物などにするといいですよ。

もともと良質な植物性タンパク質が豊富な点はありがたいですね。

 

擦りおろした高野豆腐を汁物に加えると、 とろみがついて飲みやすくなります。

片栗粉の代わりに使ってみるのもおすすめです。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ