楽しく為になる情報をお届けします!

ガーベラの花名の由来と花言葉!色別や英語では?贈り物に最適!

ガーベラ 花言葉

ガーベラの花名の由来と花言葉!色別や英語では?贈り物に最適!プレゼントとしても定番で人気のある花、 ガーベラ

人に贈るとなると花言葉も気になりますよね。

 

伝わるか、伝わらないかドキドキしながら 花に思いを込めてみるのも素敵です。

 

そして、ガーベラにはたくさんの色がありますが、色によっても随分意味合いが変わってきます。

どの色の言葉が自分の気持ちにピッタリなのか、贈る前に探してみるのも楽しいかもしれませんね。

 

そこで、今回はガーベラの花名の由来や花言葉についてご紹介します!

Sponsored Link

 

ガーベラの花名の由来とは?

ガーベラ(Gerbera)という花名は、ドイツ人医師で博物学者でもある 「Gerber(ゲルバー)氏」の名前に由来します。

 

花の名前の由来はハッキリわかっていないものも多いですが、ゲルバー氏がガーベラを発見してから100年ほどしか経っていない比較的新しい花なので、間違いはないようです。

 

別名として 「アフリカ千本槍」「アフリカタンポポ」「花車」などがあります。

 

 

ガーベラの花言葉は?色別や英語では?

ガーベラ全般の 花言葉は・・・

「希望」「常に前進」

とされています。

 

どちらも前向きな言葉で、お祝いの時などにピッタリですね。

 

色別に見てみると・・・

赤:「神秘」「燃える神秘の愛」「いつも前に進め」「戦いに挑め」

白:「希望」「律儀」

ピンク:「崇高美」「熱愛」「童心に帰る」

黄色:「親しみやすい」「究極美」「究極愛」「優しさ」

オレンジ:「我慢強さ」「冒険心」「神秘」

となっています。

 

西洋(英語)での全般の花言葉は・・・

「cheerfulness(上機嫌、元気)」
「beauty(美)」

です。

 

日本の全般のものとは少し違いますね。

 

英語でも色別の花言葉として・・・

赤:「passion(情熱)」「love(愛情)」「romance(ロマンス)」

白:「purity(純粋)」「innocence(純潔)」

ピンク:「appreciation(感謝)」「compassion(思いやり)」

黄色:「warmth(暖かさ)」「sunshine(日光)」「friendliness(親しみやすい)」

オレンジ:「You are my sunshine(あなたは私の輝く太陽)」「patience(忍耐)」

といったものがあります。

 

黄色やオレンジは「ビタミンカラー」とも呼ばれているだけあるせいか、元気が出るような言葉が多いですね。

 

色別でも英語でも様々な意味を持っていますが、ネガティブなものは一切ないというのもガーベラの魅力から来ているのでしょう。

ですから、贈り物や結婚式などに相応しい花といえます。

 

 

ガーベラの特徴

キク科ガーベラ属の花の総称で、2000種類以上が切り花として流通しています。

原産は南アフリカや熱帯アジアです。

 

1年を通して出回りますが、自然の開花時期は4月~10月です。

花は5日~10日ほど持ちます。

 

花の大きさは小輪・大輪様々ですが、花弁の形状から 「一重」「八重」「半八重」などがあります。

 

花言葉は色によって様々な意味を持っていますので、どの色を選ぶべきか迷いそうですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ