楽しく為になる情報をお届けします!

スイカアレルギーの症状!喉の痛み・痒み、蕁麻疹も!対処法は?

スイカ アレルギー

スイカアレルギーの症状!喉の痛み・痒み、蕁麻疹も!対処法は?夏の風物詩の1つともいえる スイカ

冷やして食べると涼しさを感じますし、水分やカリウムなどのミネラルの補給にも繋がります。

 

夏のおやつには最適ですが、 スイカアレルギーがあることをご存じですか?

食べ物は何でもアレルゲンになる可能性があり、瓜科の植物も例外ではありません。

 

今までは大丈夫だったとしても突然発症することもありますので、何らかの症状が現れた場合、疑ってみることも大切です。

 

そこで、今回はスイカアレルギーの症状や対処法についてご紹介します。

Sponsored Link

 

スイカアレルギーの症状!喉の痛みや痒み・蕁麻疹も!

スイカアレルギーで多いのは 口周辺の症状です。

口の中や唇がチクチクして腫れてきたり、喉の痛みや痒みを訴えたりすることも多いです。

 

大抵は、食べてから15~30分ほどで症状が出ます。

重い場合は目や鼻が腫れたり、全身に 蕁麻疹が出ることもあります。

 

アナフィラキシーショックで、血圧の急激な低下、心拍数の上昇、呼吸困難、意識障害などを起こすこともありますので、重い場合は救急車を呼ぶ方が得策です。
 

 

スイカアレルギーの症状!腹痛、下痢、吐き気も!

スイカアレルギーで 腹痛や下痢、吐き気、嘔吐など、胃腸の症状が出ることもありますが、頻度としてはあまり多くはないようです。

 

スイカでアレルギーを起こす人の多くが、花粉症を持っています。

秋の花粉症で知られる ブタクサの花粉と、スイカのアレルゲンが似ているために起こると考えれています。

 

花粉症の人は、他の果物がアレルゲンとなる可能性が十分あるといえます。

 

もしスイカを食べて、腹痛や下痢の他、吐き気や嘔吐まで現れるようであれば、重症と考えられますので、病院を受診することを考えて下さい。

 

スイカアレルギーの人はキュウリでも発症する可能性がある?

ブタクサの花粉とアレルゲンが似ているのはスイカだけではありません。

瓜科の植物全般が似ているので、キュウリやメロン、へちまなどを食べてアレルギーが出るケースもあります。

 

花粉症の人の10人~20人に1人は、果物のアレルギーを持っているともいわれているので、決して珍しいことではありません。
 
メロンで喉のイガイガや痒み、痛みが出るのはアレルギー?
 

 

対処法と治療について

対処法としては、まず前述した症状が出たら、すぐに食べるのをやめましょう。

しばらく様子を見て、症状が悪化するようでしたら耳鼻咽喉科アレルギー科を受診してください。

 

アレルギー科に行けば、どんな野菜や果物がアレルゲンとなっているのかも調べることができます。

 

アレルギーは特定の物質を体が異物だと判断していることから起こります。

ですから、それを口にしないことが一番で、完治は一筋縄ではいきません。

 

ただし、症状がなくなったという人もいないわけではありませんので、医師の指導の下、体質改善などを図る治療法を実践したりすることも無意味ではありませんよ!

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ