楽しく為になる情報をお届けします!

ご飯とお風呂の順番!どっちを先にする?間隔は?ダイエット的には?

ご飯 お風呂 順番

ご飯とお風呂の順番!どっちを先にする?間隔は?ダイエット的には?毎日、フルタイムで働いて帰ると、くたくたの方も多いと思います。

帰宅後は、 先にご飯を食べてからお風呂に入るか、または、その逆にするか、順番で悩むこともあるでしょう。

 

果たして、どちらの方が健康的によいのか、気になりますよね。

また、ダイエット中の方にとっては、どっちが効果的なのかというのも関心があるはずです。

 

ご飯のあと、すぐにお風呂に入るのはよくないといいますが、 間隔をどのくらい空けるべきかということも重要です。

 

そこで、今回はご飯とお風呂の順番をテーマにご紹介します。

Sponsored Link

 

ご飯とお風呂の順番・どっちを先にするべき?

健康の面からいうと、 食後すぐの入浴はできるだけ避けた方がよいです。

食後は、胃や腸などの消化器官に大量の血液が必要になります。

 

しかし、先にご飯を済ませてすぐにお風呂に入ってしまうと、体の表面に近い部分の血管が拡張して、体の表面に血液が集まってしまいます。

そのため、消化器官は「貧血状態」になり、消化不良を起こす原因になります。

 

確かに、体の表面の血流がよくなることは疲労回復や血行をよくすることに繋がりますが、胃腸の働きのためにはご飯を食べてから十分な間隔が必要になります。

 

したがって、寝るまでにあまり時間がないような人は、 お風呂からご飯という順番にした方が体にとってよいでしょう。

 

また、お風呂に入ること自体も、時として体力を消耗することがあります。

胃腸の働きを平常に戻すためにも、そのあとすぐにご飯を食べるのも問題があります。

 

時間的に十分余裕がある場合は、ご飯からお風呂という順番にして、両者の間隔を十分空けるようにすると消化・吸収的にも問題はないでしょう。

 

 

ご飯とお風呂の順番・ダイエット的にはどっち?

ダイエット効果を高めるのであれば、 お風呂からご飯という順番にすることをおすすめします。

 

人がエネルギーを消費する時、まずは血液中にある糖分などをエネルギーにします。

しかし、空腹で血液中にも糖分が無い時、代わりに体についた 脂肪をエネルギーとして使います。

 

そのため、血行がよくなり新陳代謝もよくなるお風呂は、空腹で入ったほうが脂肪が燃えやすくなるのです。

ご飯のあとに入ると、今摂取したばかりの血液中の糖分が使われてしまうので、体についた脂肪までは燃えにくいのです。

 

その他、温かいお湯に浸かると、消化器官に集まっていた血液が全身に巡るため、胃液の分泌などが抑えられて食欲が抑えられます。

 

その時、薔薇やラベンダーの香りがするアロマオイルや入浴剤を入れると、自然と食欲が減退しますので、ダイエット中の人にはおすすめです。

 

 

ご飯を先にした場合、お風呂までの間隔に必要な時間は?

食後に入浴する場合、消化活動に要する血液の流れを阻害しないようにするためには、食後 1時間程度間隔を空けるようにするとよいでしょう。

 

少し長いような気もしますが、必要とされている時間ですので、家族と会話したりテレビを観るなどして過ごしましょう。

 

帰宅がかなり遅くなり、睡眠時間を確保したい場合などは、お風呂に入るまでの休息時間を短縮するため、ご飯の量を減らしたりするなどの工夫をするとよいです。

 

ご飯とお風呂の順番には 科学的根拠がしっかりあるとのことですが、実際に守って生活している人は意外と少ないようです。

 

それもそのはず、私たちはそんなに暇ではありませんので、なかなか間隔を空ける余裕がありませんが、できる限りの努力だけはしておきたいですね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ