楽しく為になる情報をお届けします!

カラーの花名の由来と花言葉!ジューンブライドのブーケに!

カラー 花言葉

カラーの花名の由来と花言葉!ジューンブライドのブーケに!ちょっと変わった形をしていて存在感のある花、 カラー

花束や結婚式のブーケなどに使われることも多いですよね!

 

贈り物にしてもブーケに使用するにしても、どんな意味の花言葉を持っているのか知っておきたい花の1つです。

白くて品のあるイメージが強い花だけに、ポジティブで綺麗な言葉が似合いそうです。

 

そこで、今回はカラーの花名の由来や花言葉についてご紹介します。

Sponsored Link

 

カラーの花名の由来は?

カラーという花名はギリシャ語に由来していて、 「美しい」という意味の「Calla」が語源といわれています。

 

また、花びらに見えているのは「仏炎苞(ぶつえんほう)」というもので、本当の花はその中にある黄色い棒状のものです。

 

この仏炎苞が、ワイシャツの襟や修道女の襟に似ていることから、という意味でカラーと呼ぶようになったという説もあります。

 

 

カラーの花言葉!色別や英語では?

カラーの 花言葉は・・・

「華麗なる美しさ」「乙女のしとやかさ」「清浄」

とされています。

 

どれも見た目通りの上品なイメージで、結婚式で使われるのも納得です。

 

色別にも花言葉があり・・・

白:「華麗なる美しさ」「乙女のしとやかさ」
紫:「夢見る美しさ」「夢のように美しい」
黄:「壮大な美」
ピンク:「情熱」「あなたを愛しています」

といったものです。

 

ネガティブな要素は一切なく、素敵な言葉ばかりが並んでいますね。

 

ちなみに、色別に紹介しましたが、これは厳密にいうと花びらではなく 仏炎苞の部分の色によるものです。

中の花は黄色っぽい色でどれも同じです。

 

また、西洋(英語)での花言葉は・・・

「magnificent beauty(華麗なる美)」
「feminine modesty(女性のしとやかさ)」

となっています。

 

日本でも、海外でも、ほぼ同じ意味合いのようです。

 

結婚式のブーケに!

「華麗なる美しさ」「乙女のしとやかさ」という花言葉は、どちらも花嫁さんにもぴったりといえますね。

 

スッキリとした花は、上品で大人な印象を与え、ブーケの花としても人気なんですよ。

茎もまっすぐで凛としたイメージがあります。

 

ブーケに使うのは白い花が多いと思いますが、他の色の花言葉も花嫁さんにぴったりなので、白だけでなくカラードレス用のブーケにもいいかもしれませんね!

 

夏のはじめに咲く花なので、ジューンブライドに最も相応しい花の1つです。

 

 

カラーの特徴

サトイモ科オランダカイウ属(サンテデスキア属)の花です。

サトイモ科というのはちょっとびっくりですが、他にもポトスや水芭蕉などがサトイモ科です。

 

和名では、和蘭海芋(わらんかいう)といいます。

他にも「lilly」「Arum lilly」という別名があります。

 

原産は南アフリカで、 エチオピアの国花にもなっています。

最盛期は6月ですが、4月から6月に出回ります。

 

1つの花は7日くらい持つので、花持ちがいいほうですね。

花(正確にいうと仏炎苞)の色は、白の他にピンク、黄色、オレンジ、紫があります。

 

結婚式などでもし見かけたら、花言葉を思い出して下さいね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ