楽しく為になる情報をお届けします!

日傘の効果!白と黒のどっちが涼しい?UVカット加工の寿命は?

日傘 効果

日傘の効果!白と黒のどっちが涼しい?UVカット加工の寿命は?暑くなってくると、 日傘をさしている人が増えますよね。

持っているのは女性がほとんどですが、最近は男性用のものも販売されているんですよ。

 

持っているだけで涼しいともいわれていますが、実際に体感温度を測ってみるとその効果の実力はどれほどのものでしょうか?

また、紫外線をカットするには どんな色の日傘が最も有効なのでしょうか?

 

そこで、今回は日傘の効果やおすすめの色、UVカット加工の寿命などについてご紹介します!

Sponsored Link

 

日傘のUVカット加工の効果・寿命は何年?

UVカット加工のある日傘であれば、 99%紫外線がカットできるものもあります。

また、表示上では99%カットと書いてあっても、実際は100%カットできるものもあるのです。

 

ですが、たった1%でも体は紫外線の影響を受けますし、100%カットできるのは太陽光からの紫外線のみです。

実は、紫外線の影響を受けるのは太陽光からだけではなく、 照り返しもあるのです。

 

傘は上に向かってさしていますので、当然照り返しの紫外線を防ぐ効果はありません。

ですから、日傘をさしていても日焼け止めなどの対策は必要になります。

 

UVカットできる日傘には、素材そのものがUVカットしてくれるものと、あとからUVカット加工をしているものがあります。

 

UVカット素材を使用しているものは長く使っても効果は変わりませんが、後から加工したものですと2年くらいで効果は寿命を迎えます。

 

ただ、寿命を迎えたといっても、お気に入りのものでしたら長く使いたいですよね。

その場合は、市販の UVカットスプレーを使うといいですよ。

 

 

日傘の効果的な色は?白?黒?

日傘を選ぶ時に考えることとして・・・

・紫外線を反射してくれる白がいいのか
・紫外線を吸収してくれる黒がいいのか

迷いますよね。

 

白いものは紫外線を反射しきれず、 浸透させてしまうものもありますので、黒の方が効果的です。

ただし、裏地に「完全遮光素材」を使用しているものなら、どの色のものを選んでもOKです。

 

紫外線カットの効果として、完全遮光素材を使用しているかどうかを基準に選ぶといいですよ!
 
紫外線の多い時期とピーク!絶対焼かない人の対策!
 

 

日傘の効果で涼しくなるの?体感温度が変わる?

日傘をさせばそれだけで涼しくなるともいわれていますが、これは本当なのでしょうか。

 

太陽光を直接受けるのと、日陰に入るのでは 体感温度が違いますよね。

それと同じで、日傘をさしていれば当然涼しく感じます。

 

生地によっても変わりますが、5~10℃涼しく感じるといわれています。

35℃の日でも25℃になったら随分違いますよね。

 

紫外線の吸収効果があるのは黒ですが、黒い日傘は他の色よりも暑く感じてしまいます。

例えば、黒い服を着ていると、紫外線と一緒に赤外線が集まってくるので暑く感じるのです。

 

照り返しの熱も吸収してしまいますので、UVカット率ではおすすめなのですが、体感温度としてはおすすめできないのです。

 

ですから、暑さ対策のためにさすのなら黒より他の色の方が涼しく感じるでしょう。

とはいえ、直射日光に比べれば涼しいことは確かですので、好きな色を選ぶのがよいと思いますよ!

 

暑さ対策なら 「完全遮光」タイプのものがベストですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ