楽しく為になる情報をお届けします!

オリーブの花名の由来と花言葉!国連旗に見られる平和の象徴!

オリーブ 花言葉

オリーブの花名の由来と花言葉!国連旗に見られる平和の象徴!「エキストラバージンオイル」などでも有名な オリーブ

今では美容などにも活かされている植物ですが、オリーブの木には白くてかわいい花が咲きます。

 

ヨーロッパでは庭木としても人気が高く、低木な種類のものが出回ってからは、日本でも育てている人が増えてきているようです。

 

また、「平和の象徴」とされているだけに、どんな 花言葉を持っているのか気になりますね。

 

そこで、今回はオリーブの花名の由来と花言葉についてご紹介します!

Sponsored Link

 

オリーブの花名の由来は?

オリーブという花名は、ギリシャ語で 「elaifa(エライア)」、すなわち「油」という意味の言葉です。

この「elaifa」に由来し、ラテン語の【oliva(オリービア)】に転じたといわれています。

 

日本には1860年頃に渡来し、香川県の小豆島や岡山県で栽培されていました。

 

和名として 「橄欖(かんらん)」と呼ばれていた時期もありましたが、橄欖とは別の植物にあたるとされ、和名としてもオリーブと呼ばれています。

 

 

オリーブの花言葉は?

オリーブの 花言葉は・・・

「知恵」「勝利」「平和」「安らぎ」

といったものです。

 

「知恵」「勝利」という花言葉は、ある ギリシャ神話が元になっています。

 

エーゲ海を臨む町の覇権を争っていた女神アテナと海神ポセイドンは、主神であるゼウスから「人の役に立つ贈り物をした者に覇権を譲渡する」と命ぜられます。

 

そのとき、アテナは食用や薬用としての用途があるオリーブの木を植えて贈り物としました。

アテナの行為に人々が賛同し、覇権を勝ち取ったのです。

 

この話から、知恵や勝利といった花言葉が生まれたといわれています。

 

また、「平和」という花言葉は、旧約聖書の「ノアの方舟」の話に由来します。

 

人間を滅ぼすために神様が起こした大洪水から逃れるため、ノアの家族は方舟に乗って40日海上で過ごします。

洪水がおさまり、平和が来たことを知らせに来た鳩が口に咥えていたのがオリーブの木の枝だったのです。

 

このことから、オリーブは 「平和の象徴」とされ、国連の旗に記されたり、ギリシャやポルトガルの国花にもなっています。

 

尚、西洋(英語)での花言葉も・・・

・「wisdom(知恵)」
・「peace(平和)」

とされています。

 

オリーブの果実の用途は?

オリーブオイルや塩漬けなどの 加工品のイメージが強いと思いますが、オリーブの果実は生食はできません。

加工前に口にすると、口がしびれるほどの苦みがあります。

 

オリーブの実は、成熟過程で 「濃い緑→黄緑→黒」と色を変化させます。

そして、実が熟してから塩漬けや酢漬けにしたり、オイルを抽出したりします。

 

最近では、洗顔などにオイルを利用する女性も増えていますね。

 

 

オリーブの特徴

オリーブは、 モクセイ科オリーブ属の常緑樹です。

原産は北アフリカや地中海、中近東付近で、日本には明治時代に渡来しました。

 

先がとがった固い葉っぱを付けるのが特徴で、花は5~6月頃に白くてかわいらしい花を付けます。

乾燥した環境に強く、アフリカや地中海沿岸地域で特に盛んに栽培されています。

 

日本では、香川県の 小豆島で栽培が盛んで、小豆島ではオリーブオイルが特産品の1つになっています。

 

本来は8m位の高木のものでしたが、1~2mくらいの低木も流通し、庭木として高い人気を誇っています。

鉢植えでも育てることができるので、手軽に育てられるようになりました。

 

自宅で育てても実が付くので、自家製のオリーブ漬けやオイル作り挑戦する人もいるそうですよ。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ