楽しく為になる情報をお届けします!

部分・総入れ歯は寝る時外す?ケアの仕方と頻度、洗浄剤の使い方!

入れ歯 寝る時 外す

部分・総入れ歯は寝る時外す?ケアの仕方と頻度、洗浄剤の使い方!寝る時にも 入れ歯は付けたままでいいのか、外すべきなのか、使用している人は悩むこともあるようですね。

家では外してケアがしやすいけれど、旅行などの際は面倒だったりします。

 

歯科医から見ても見解は様々で、意見が割れていることもあるようです。

また、使用しているタイプによって対応の仕方も変わってきます。

 

そこで、今回は部分・総入れ歯は寝る時に外すべきか、というテーマでご紹介します。

Sponsored Link

 

部分入れ歯は寝る時外すべき?

部分入れ歯は、総入れ歯と比べると使用している人が多いですね。

若い年齢の人でも使用している人もいて、旅行などの時に友人などにそれを知られたくないと思うこともあるようです。

 

部分入れ歯をしたまま寝ることに関しては、メリットデメリットがあり、歯科医の中でも意見が分かれているようです。

 

入れ歯を付けたまま寝るほうが良い理由としては、長時間、歯と歯の間が空いていることによって、歯が本来の位置から動いてしまうのを防ぐことができます。

すると、歯のぐらつきや隙間ができてしまう原因を取り除くことができるのです。

 

一方で、外した方が良いとする理由は、歯周病などの 細菌トラブルの原因になりやすいことがあります。

特に、夜寝ている間というのは口の中で細菌が繁殖しやすいので、部分入れ歯を入れたままにすることで、細菌が増えやすくなることがあります。

 

他にも、特に高齢者であれば誤飲を防ぐ意味で、外すことを薦められることもあります。

 

また、部分入れ歯は、総入れ歯と比べると使用している間の違和感というのが大きいようです。

寝るときに不快感があるようであれば、外した方がいいといわれています。

 

入れ歯をしたまま寝るときは、入れ歯を綺麗にして歯磨きも丁寧に行った上で、口の中を清潔にしておきましょう。

 

 

総入れ歯は寝る時はずすべき?

総入れ歯に関しても、寝る時の使用に関して意見が分かれています。

外した方がいいとする主な理由としては、「口内での細菌繁殖を防ぐ」「歯茎を休ませる」といったものがあります。

 

総入れ歯についていえば、寝る時も装着したままというのが、最近のメジャーな意見になってきているようです。

その理由は、口のサイズに合ったものを使用していれば、噛み合わせがしっかりした方が いい睡眠が得られるからというものです。

 

入れ歯の精度も上がってきていて、個人の骨格にしっかりと合うものが作られるようになってきています。

基本的には、義歯を作ってくれた医師の指示に従うことになりますが、総入れ歯であれば誤飲の心配も少ないので、洗浄などをきちんと行った上で装着したまま寝るのが良さそうです。

 

 

入れ歯のケアの仕方・頻度・洗浄剤の使い方について

入れ歯でなくても、毎日ブラッシングを行っていると思いますので、それと 同様の頻度で清潔にするようにしていきましょう。

 

まずは、すすぎ洗いで食べかすやぬめりを取っていきます。

そのあとに、歯ブラシを使ってブラッシングを行い細かい汚れを取っていきます。

 

この時、歯磨き粉などは使用しない方がいいでしょう。

入れ歯の種類にもよりますが、歯磨き粉の研磨成分によって傷つけてしまう可能性があります。

 

ブラッシングを行ったら、よくすすいでおきましょう。

 

日々のケアとは別にして、定期的に洗浄剤を使用して臭いや細菌、着色汚れを落とすようにしましょう。

ケアの仕方や洗浄剤を使用する頻度は、入れ歯を作った歯科医で指示を仰いでくださいね。

口腔トラブルは、 頭痛や肩こりなどの不調の原因になることもありますので、日々丁寧にケアを行ってくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ