楽しく為になる情報をお届けします!

水泳の時のコンタクト使用は危険?度付きゴーグルとの併用も!

水泳 コンタクト

水泳の時のコンタクト使用は危険?度付きゴーグルとの併用も!目が悪い人にとって、 コンタクトレンズは生活に欠かせないものでしょう。

メガネより視野が広く持てますし、慣れれば装着の煩わしさもありません。

 

ただし、コンタクトを付けていても日常生活の中で困ることが時々ありますよね。

例えば、水泳をする時などもそのひとつです。

 

実は、付けたまま泳いでいると、 目のトラブルの原因になる危険性があります。

 

そこで、今回は水泳の時のコンタクト使用に関してお話します。

Sponsored Link

 

水泳の時のコンタクト使用は危険?

水泳時には、 コンタクトレンズは装着しない方が様々なリスクを防ぐことができるといわれています。

 

例えば、目に水が入ってしまった場合、コンタクトがずれたり外れたりして、眼球を傷つけてしまう事があります。

もちろん、そのまま紛失してしまうこともあるので、できれば 度付きゴーグルなどを装着する方がいいでしょう。

 

また、プールなどで泳いだ後は、目の感染症を防ぐため目を水洗いする必要があります。

しかし、コンタクトを付けていると水洗いができませんし、レンズと目の間に細菌が入った場合、感染症になる確率が高まってしまいます。

 

どうしても着用したまま泳ぐという場合は、面倒でも水泳後にレンズを外して目を洗うようにしましょう。

 

 

水泳の時のコンタクト・ソフトもハードも同じ?

とはいえ、水泳時にコンタクトを装着しなければならないケースもあるでしょう。

コンタクトにはソフトレンズとハードレンズがありますが、どちらにも メリット・デメリットがあります。

 

ソフトレンズはシリコンなどのやわらかい素材のため、多少の衝撃であれば目を傷つけるリスクは少ないです。

また、紛失してしまった場合でも安価ですし、予備のレンズを持っているでしょう。

 

ただし、ワンデー使い捨てタイプをのぞいては、使っていくうちに汚れが溜まりやすいので、水泳の後にも同じレンズを続けて使用すると、 目の感染症などの発症率が上がるといえます。

 

ハードレンズは、衝撃などで目を傷つけるリスクが高いことや、値段が高いので紛失が心配なことがデメリットです。

ただし、ハードレンズは水洗いもできるので、続けて使用する場合はソフトレンズよりも清潔を保つことができます。

 

水泳の時は度付きゴーグルが安心?

学校の授業などで水泳をする時や、不特定多数が入る市民プールやレジャープールに行く時は、やはり 度付きゴーグルなどを装着した方が目のためにはいいですね。

 

度付きゴーグルはそれほど値段も高くなく購入できるので、目が悪い人は1つ持っていると安心です。

 

ただ、水に入っていない時でもゴーグルをかけていないと周囲が見えないというデメリットもあります。

コンタクトを付けた上から普通のゴーグルを装着するというのも一手ではありますね。

 

ただし、シンクロナイズドスイミングや水球などの水泳競技をする場合にはゴーグルが装着できないこともあります。

そういった場合は、コンタクトを装着するしかないですね。
 
水泳で髪の毛が茶色になる理由!傷まないようにするケアと予防法!
 

 

水泳の時はワンデーで交換もスムーズに!

水泳をする時にコンタクトを使用する場合、 ワンデー使い捨てタイプが一番おすすめです。

ワンデータイプであれば紛失時の損失も一番低く、水泳後に汚れたものはそのまま捨てることができます。

 

同じレンズを続けて使用する場合と比べても、目の感染症などのリスクは低減できるでしょう。

ただし、コンタクトがずれて目を傷つける可能性などはあるので、使用時は十分に注意してください。

 

いずれにしても、ご自分の視力や水泳技術なども合わせて、より良い方法を選択してくださいね。

Sponsored Link


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ