楽しく為になる情報をお届けします!

ストールの洗濯方法!アクリル・シルク・ウール・カシミアは?

ストール 洗濯方法

ストールの洗濯方法!アクリル・シルク・ウール・カシミアは?冬の間によく活躍してくれる ストール

「1シーズンに1回しか洗わない」という人が多いようですが、実は肌にも付くものなので意外と汚れているんですよね。

 

ファンデーションや皮脂が付いてしまうこともあるので、特別なお出かけやイベントの前には綺麗にしておきたいですね。

臭いなどがあれば、周囲の人に不快な思いをさせることも考慮しておきましょう。

 

そこで、今回はストールの洗濯方法についてご紹介します。

Sponsored Link

 

ストールの洗濯方法・アクリルは?

まずは 洗濯表示を確認しましょう。

 

洗濯機や手洗いのマークがついている場合は、自宅で洗うことができます。

NGの場合はドライクリーニングに出さなくてはいけません。

 

ストールの素材は色々ありますが、 アクリル100%のものは洗濯がしやすいです。

ネットに入れて手洗いモードなどにすれば、洗濯機でも洗うことができますよ!

 

アクロンなどのおしゃれ着洗剤と柔軟剤を併用することで、簡単に洗えます。

 

 

ストールの洗濯方法・シルク、ウール、カシミアは?

シルク、ウール、カシミアの場合でも、手洗いOKの表示がついていれば自宅で洗うことができます。

 

ですが、「絶対に色褪せない、縮まない」ということではありませんので、お気に入りのものなどはクリーニングに出した方が安心です。

 

手洗いする場合は洗面器やバケツに水とおしゃれ着洗い用の洗剤を入れてよく混ぜます。

カシミア専用の洗剤もありますよ。

 

そして、畳んだストールを水に浸けて優しく押し洗いします。

20~30回押してください。

 

ゴシゴシしたりするのはNGですよ。

押さずに15~30分浸けておくだけでも汚れが落ちていきます。

 

終わったら水を替えてすすぎます。

洗剤が完全になくなるまでしっかりすすぎをし、手で軽く水気を切ります。

 

バスタオルなどにくるむと水気が切れますよ。

高級素材の場合、脱水をかけるより タオルドライにした方が良いでしょう。

 

ストールの洗濯・洗う頻度は?

1シーズンに1回というより、 こまめに洗った方が汚れは落ちやすいです。

明らかにファンデーションがついてしまった、汚れがついてしまったという時は洗濯しましょう。

 

少なくとも1ヶ月に1回ほどの頻度で洗っておけば、気持ちよく使うことができますよ。

洗濯すれば柔軟剤の良い香りになるというのもいいですね。

 

恐らく洗う時に縮んだりすることを危惧されるはずですが、間違った洗い方、干し方をしなければ問題ありません。
 
ニット帽の洗濯!伸びたり縮んだりしたものの復活術!
 

 

ストールの洗濯・縮みの防止法は?

ウールなどは洗い方を間違えると縮んでしまいます。

これはウール繊維の特徴であり、 動物性繊維の特徴ともいえます。

 

縮みの防止法としては、おしゃれ着用の洗剤を使い、やさしく手洗いするのがコツです。

一方、アクリルなどの化学繊維は比較的縮みにくいですし、型崩れしにくいです。

 

また、干すときにはしわにならないように伸ばして干しましょう。

平のまま干すのが一番ですが、難しい場合は ハンガーに吊るしたり、 物干し竿に直接吊るしたりするといいですよ。

 

それでもしわになってしまった場合は、丁寧にアイロンをかけましょう。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ