楽しく為になる情報をお届けします!

小ねぎ(万能ねぎ)の保存!カットしたもの・冷凍ものの期間は?

小ねぎ 万能ねぎ 保存

小ねぎ(万能ねぎ)の保存!カットしたもの・冷凍ものの期間は?小ねぎは、ちょっとした料理の彩りや麺類などの 薬味に重宝しますね。

 

ただ、なかなか一度にたくさん使わないので、気が付くと乾燥してしおれてしまうことも多いです。

白ネギに比べると日持ちがしないので、結局捨てることになることもありますね。

 

そんな時は、 下ごしらえも兼ねて保存法を工夫すると、ちょっと使いたい時にはとても便利になります。

 

そこで、今回は小ねぎ(万能ねぎ)の保存方法についてご紹介します!

Sponsored Link

 

小ねぎ(万能ねぎ)の保存方法は?

小ねぎ(万能ねぎ)は、 乾燥に非常に弱いです。

放っておくとすぐにしなしなになってしまいます。

 

そのままの状態で保存する場合には、乾燥しないように根の部分に濡らしたペーパーなどを当てるか、全体を濡らしてから紙に包んでポリ袋に入れます。

 

保存は基本的に 冷蔵庫の野菜室です。

スペースがあれば小ねぎが育った環境と同じく、立てておくのが望ましいですね。

 

冬であれば冷暗所に置いておくこともできます。

それでも、1週間程度が限度となりますので、すぐに使いきれない場合は他の保存方法も検討してみましょう。

 

 

小ねぎの保存・小さくカットしたものは?期間は?

普通、カットしてしまった野菜はそのままの状態に比べると保存が効かなくなるというイメージですが、小ねぎの場合にはカットしておいた方が 長持ちします。

 

小口切りにした小ねぎを、濡らしたキッチンペーパーを敷いたタッパーに入れておきます。

乾燥を防ぐことができるので、状態を保ったまま2週間くらいは保存できるようになります。

 

あらかじめ刻んでおくことで、使いたいときにさっと取り出せるので、お味噌汁や料理の彩りにちょっと使いたいときにも便利です。

 

キッチンペーパーは2~3日に一度取り替えるようにしましょう。

放置すると、傷みの原因になります。

 

 

小ねぎの保存・冷凍の方法と期間は?

さらに 長期保存をしたいという時は、口切りにした冷凍ねぎをジップロックなどに入れ、平たくのばした状態で冷凍します。

 

冷凍の途中、パラパラになるようにもみほぐしておくと、少量づかいの時にも便利になります。

この状態で1ヶ月程度は長持ちしますので、頻繁に使用しないという人にはおすすめです。

 

一人暮らしの人などにも最適ですね。

 

ただし、冷凍した場合にはどうしても 食感 風味が落ちてしまいます。

味噌汁や煮物の彩りとしては十分ですが、麺類の薬味などには物足りなくなりそうです。

 

野菜も高騰していますので、たとえ小ねぎであっても、せっかく買ったら無駄にはしたくありませんよね。

無駄なく使い切るためにも、ちょっと手間をかけて上手に保存しておきたいですね。

Sponsored Link

>

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アーカイブ